Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
バックナンバー 2019年 2月

2月22日(金)赤井かずのり、議員生活最後の本会議質問をしました。

インターネット録画中継があります
http://www.kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/

190222看板
質問項目を掲載します。

発言の要旨 (答弁を求める者)
1 SDGs推進に係る市町村との連携・協力について(知事)
2 エシカル消費の促進について(知事)
3 海の豊かさを守るための取組について(環境農政局長)
4 持続可能な社会の達成に向けたスポーツの貢献について(スポーツ局長)
5 持続可能な開発のための教育の推進について(教育長)
6 いのちを守る救急電話相談の充実について(健康医療局長)
7 シェアサイクルを活用した観光振興について(知事)

また、今期最後の定例会の為、全県議と黒岩知事ら理事との記念撮影が行われました。190222写真撮影

赤井かずのりアクションレポート(徒然綴り) – Yahoo!ブログ

兵庫県立美術館に蓑豊館長を訪ねました。

イメージ 2
 金沢生まれで、神奈川県二宮町、鎌倉市で育ち、 慶應大学、ハーバード大学大学院卒業、文学博士号取得、現在77歳。

永年、米国のシカゴ美術館東洋部長など経験から、大阪市立美術館、金沢21世紀美術館の初代館長を歴任。
アートが街を変える、美術館は面白い、との思想のもと、多くの観客を集めています。

イメージ 1

先日訪問、懇談させていただいた兵庫県立美術館、館長の蓑豊氏が、2/3付け聖教新聞12面に、国際博物館会議に寄せて、として全面掲載されています。

今年、京都で開催の国際博物館会議(ICOM)の組織副委員長に就任されました。
蓑館長は、金沢21世紀美術館の発展に初代館長として尽力、「美術館の奇跡」として注目されました。「芸術で感性を磨き社会も繁栄する」とのこと。(蓑豊氏は赤井の従兄弟になります)

全国92自治体の賛同を得て、SDGs日本モデル宣言を採択しました。
「SEGSs 全国フォーラム2019」が開催され、神奈川県は33市町村全てが宣言に賛同署名を、片山さつき特命大臣らが立会人署名を。190131SDGS

自治体の役割について、国谷裕子さんの進行で全国のモデル自治体の首長からの取り組み状況が報告されました。190131宣言

「未来の世代に質の良いバトンを渡そう」、と国連広報センター根本かおる所長、エシカル協会末吉里花代表理事、CSO ネットワーク黒田かをり事務局長、シンクザアース上田壮一代表理事、慶応大学蟹江教授らのディスカッションもおこなわれました。190131sdgsS学園

最後にESDの取り組み紹介として、県内3校から選ばれた、母校湘南学園中学校高等学校から次世代からのメッセージが紹介。