Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
バックナンバー 2018年 4月

日本を救う次世代ベンチャー100、に選ばれた。 沖縄県うるま市にある㈱アイセックジャパンの「リアルタイム文字通訳サービス」。

話した内容をリアルタイムでweb上に文字配信するものです。 議会会議録などにも適用でき、聴覚障害者らへの素晴らしい仕組みです。

既に福井県議会で取り入れています! 議場の音声を携帯電話で入力センター(アイセック・福井)に送信。

オペレーターが音声を即時文字化し、指定されたURLに配信。

文字情報はリアルタイムで議場傍聴席モニター画面に。 パソコン、スマホでの閲覧も可能に。

180426リアルタイム180426リアルタイム.jpg1総務省は2018年から10年間「視聴覚障碍者向け放送普及行政の指針」ですべてのテレビ番組に字幕を、と義務化を進めています。障碍者手帳36万人、手話できる人7万人。 SDGsの「誰ひとり取り残さない」との目標にしっかり取り組み必要があります。

平塚総支部で国会見学会を開催しました。
古屋範子衆議院議員、三浦のぶひろ、佐々木さやか、竹内真二参議院議員の4人揃い踏みで、議事堂前で記念撮影、最高の天気でした。180411国会見学

憲政記念館見学までの時間調整で、皇居周囲を回り東京駅前で一斉に車両停止させられました。なんと馬車の隊列、ブータン王国トブゲー首相、同令夫人の来賓が皇居に入るところでした。180411ブータン首相

震災後の復興を目指し、神戸市では神戸医療産業都市として医療クラスター(産官学で研究・開発・実験)を形成。関西圏の産業の核となっています。

理化学研究所計算科学研究機構では、スーパーコンピューター「京」が稼働しています。速度的には10位ですが世界最高速を取り戻すために、ポスト京の準備が進んでいます。180328スパコン

神戸アイセンターは眼の疾患の研究、臨床応用、治療、リハビリまでトータル対応できる、全国初の施設。目の不自由な方に、文字を読み上げてくれるメガネ、「OTON GLASS」 これは便利です。ガラスのないメガネの真ん中にカメラがあり、その原稿を読み取り、日本語をそのまま日本語で、また英語に翻訳も可能、読み上げてくれます。OTONGULAS180329

神戸大学医学部付属国際がん医療・研究センターは国産初の手術ロボット導入を目指しています。
大阪重粒子線センターはこの春開設された、重粒子線治療施設としては全国で6番目の施設です。180330重粒子治療はこの10月から始める予定で準備中ですが、施設は大阪府のど真ん中に位置し、隣には大阪国際がんセンターがあります。全国でも稀な民設民営で、公益財団法人大阪国際がん治療財団、大阪重粒子線施設管理株式会社が運営しています、全面的に大阪府、医師会の協力を得ています。
また、最新鋭のこの施設では、全国初の動体追跡照射システムを導入し、肺がんの治療も可能になっています。