Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
バックナンバー 2017年 8月

昨年度から神奈川県や東京エリア1都3県の安定器等のPCB汚染物は、JESCO北海道PCB 処理事業所で処理を開始しています!1708221

搬入された安定器や、感圧複写紙等のPCB汚染物は水気を避けるため、ドラム缶、ペール缶に入れ替え、15,000℃以上のプラズマを照射、缶ごと融解し、PCBを分解します。
1缶約60kg、ほぼ30分で溶融します。搬入処理費用は30,000円/Kgするそうです。

1708222人間が作り出した汚染物質、処理に高価な代償が付いています。
100%政府出資のこの事業所、平成35年度までに処理を完了する予定です。