Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
バックナンバー 2015年 11月

12月5日、神奈川県立がんセンター重粒子線治療施設(I-ROCK)がオープンします。12月中旬から臨床試験を開始します。神奈川県議会がん撲滅をめざす議員連盟で開院前に視察しました。 1448683419113重粒子線施設は全国で5番目(全世界で9番目)ですが、「がん専門病院」併設の重粒子線治療は全国初めてです。重粒子線治療は放射線治療の一種で、身体負担が少ない治療法です、人の部位に留まっている固計の「がん」が対象となり、転移があるがん白血病などの血液のがん、などは対象になりません。

I-ROCKは外来で通院治療が可能で、病院併設のため安心して放射線治療を受診出来る環境にあります。現在、重粒子線治療は先進医療として公的医療保険適用がなく治療費が高額(350万円)になるため、神奈川県では治療費補助制度(上限額35万円)を創設する予定です。(2016年2月から開始予定)