Twitter
外部リンク
サイト管理者
神奈川県 赤井和憲
akai.kazunori@nifty.com
バックナンバー 2014年 12月

141201代表質問平成26年第3回定例会(2014.12.1)公明党代表質問項目
1 まち・ひと・しごと創生法の成立を踏まえた本県の体制について (政策局)   ⇒まち・ひと・しごと創生法の成立を受け、今後どのような体制を構築して、地方創生を推進していくのか質疑
2 災害情報のトリアージについて (安全防災局)   ⇒災害時に迅速・的確な応急対策を実施するため、重要な情報を見落とさないよう、災害情報のトリアージの仕組みを取り入れることについて質疑
3 長寿社会への対応について  
(1)高齢者を標準とするしくみづくりについて (保健福祉局)    ⇒高齢者を標準とするしくみづくり検討委員会意見書を受けた取組みと、効果的に取り組むため、地域包括支援センターなどの認知度や高齢者を取り巻く実態の把握について質疑  
(2)認知症支援に関する今後の方向性について (保健福祉局)    ⇒認知症になっても本人の意思が尊重され、希望をもってよりよく生きられるよう、今後の支援のあり方を質疑  
(3)健康寿命日本一を目指す「食」の取組について (保健福祉局)    ⇒健康寿命日本一を目指すなかで最も重要である「食」に関し、県民の食習慣の改善への取組と、普及啓発策について質疑
4 子どもたちの心を育てる教育について
(1)子どものインターネットの長時間利用について (教育局)   ⇒子どもたちのインターネット利用時間の長時間化を予防、適切な利用方法に関する指導や保護者への啓発について質疑
(2)いのちの授業について (教育局)    ⇒いのちの授業の取組の効果と、いのちの授業をより広めていくための取組を質疑
5 女性が活躍できる環境づくりについて  
(1)女性が輝く神奈川の実現について (総務局・県民局)    ⇒女性が力を発揮するための今後の施策展開と、女性の活躍を支援する施策を推進するため、女性支援担当の理事などの責任者の設置や、組織の体制強化について質疑。  
(2)子どもを生み育てるための環境づくりについて (保健福祉局)    ⇒妊産婦や若い子育て世代が安心して妊娠・出産に臨めるよう、マタニティマークの周知、妊産婦等にやさしい環境づくりを進めるための県の役割を質疑