20190424213234.jpg
20190424213354.jpg
20190424213528.jpg

 本日、議員全員協議会が開催され、行政報告で、平成31年3月19日に「鴨川市田原地区における太陽光発電事業工事着工に関する協定書」を締結したとの報告並びに説明がありました!
 意義は、千葉県の林地開発に関する許可処分が見込まれる中、亀田市長が業者に求めている五項目に対し、申請中を理由として許可後に対応すると回答している為、五項目を確実に履行することを着工要件とする協定で、鴨川市の弁護士とAS鴨川ソーラーパワー合同会社の弁護士双方の合意で作ったとのこと。
 7名の議員から、協定書の内容や市の対応、疑義など多くの質疑・確認がされた!
 私は、この協定が守れなかった場合は?と質問、法的措置を図るとの確認をし、その準備はしておくべきと提案。また、協定書に住民説明会開催についても盛り込むことを要望しました!
 山林約250ヘクタールの樹木約36万本を伐採してのメガソーラ建設は、去る3/6の千葉県森林審議会で、付帯意見付きで妥当な計画であると許可されているが、今後、千葉県と鴨川市の、業者への適切な対応が強く求められている!

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
鴨川市 福原三枝子
m.1403.020705f@cap.ocn.ne.jp