menu
バックナンバー 2017年 11月

 6日午後、神戸で開催された「市町正副議長研修会」に議長と共に出席しました。
「激動の世紀をどう生き抜くか~東アジア情勢と日米同盟~」と題して外交ジャーナリスト・作家の手嶋龍一氏の講演がありました。
手嶋氏は、2001.9.11同時多発テロ事件に際しては、NHKワシントン支局長として11日間にわたる24時間連続放送を担われた方です。
折しもトランプ米大統領が来日され、タイムリーなテーマになりました。

加古川市議会公明党議員団は、このほど岡田市長に「平成30年度予算編成に対する要望書」を提出現場の声に耳を傾け、生活者目線で政策を立案した政策を要望し各議員より、220項目のうち重点政策について、それぞれ主旨を説明しました。本格的な少子高齢化、人口減少社会の到来を迎え、社会保障関連経費や各種インフラ整備費など財政需要の増加が見込まれる中、生活者目線・庶民目線・現場目線を大切にする観点から、多様化する民意を的確にとらえ、具体的施策の実現を強く要望。
主な要望内容
安心して暮らせるまちをめざして
・出産と子育て支援の充実と強化
*子育て世代包括支援センターの質・量の充実
*中学3年生までの医療費完全無償化
・障がい者福祉サービスの充実
*障がい者基幹相談支援センターの支援体制の充実
・高齢者福祉の充実
*地域包括支援センターの拡充と機能強化
・ウエルネスライフ(健康ポイント制度)の拡充
・コミュニティタイムラインの推進
・AEDの普及促進と定期的な講習の実施
*24時間使用可能な設置場所の改善(コンビニエンスストア等)
心豊かに暮らせるまちをめざして
・教育費負担の軽減と特別教育活動等に要する費用の無償化
・教職員の資質の向上
・猛暑対策や学習環境改善(空調設備・冷水器の設置)
・いじめや不登校の未然防止と早期発見及びネットトラブルの対策強化
うるおいのある環境の中で暮らせるまちをめざして
・事業系ごみの分別指導の強化・徹底を図る
にぎわいの中で暮らせるまちをめざして
・「棋士のまち加古川」の充実とPRの強化
・観光協会との連携強化
快適に暮らせるまちをめざして
・空き家、空き地をつくらない・活かす施策の促進
・公共交通機能の充実
*地域公共交通プランに基づき、交通空白地域の解消を図る
まちづくりの進め方
・ボランティア型ポイント制度の拡充
・公共施設等総合管理計画に基づき適正な施策を図る

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
カレンダー
2017年11月
« 8月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログパーツ
小林直樹Twitter
サイト管理者
加古川市 小林直樹
komeikakogawa-nk@bb.banban.jp