バックナンバー: 2017年 1月

庁舎跡地整備特別委員会による行政視察。
施設の概要を伺った後、館内を見学させて頂きました。
一番の目的である『壁面へ収納できる観覧席を備えた多目的ホール』は
時間をかけて拝見させて頂きました。sns_74861_0455841001485854936_0.jpg

19時から、海南保健福祉センターにて、今年最初の党支部会を開催しました。

公明ニュースの視聴をはじめ、2月度日程および諸事項の発表、政治学習、活動報告、遊説情報のほか、

少数激戦で29日投開票の岩出市議会議員選挙、4月の田辺市議会議員選挙、夏の都議会議員選挙への決意など、本年のスタートにふさわしい支部会となりました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今朝9時過ぎ、マリーナシティへ渡る橋が、積雪のため通行が規制され、
県担当職員の誘導で、ほとんどの車がやむを得ず引き返していましたが、
4WDに乗って行ったおかげで通行でき、無事、現場まで到着しました。
平成7年から所有していて今年22年目を迎える古い車ですが、初代私設宣伝カー«中家号»としても使用していた車で、いざという時に頼りになる相棒です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、ウッドデッキに積もった雪に遊び場を占領され、
戸惑いながらも室内へ引き返す我が家の愛犬です。

 

夜明けまでに止むかと思いましたが、まだ降っています。
早朝から遠くで緊急車両のサイレンの音が。
雪に慣れていない地域なので、交通事故に十分注意が必要です。sns_74861_0059979001485210923_0.jpg

➊ 午前9時30分から、市の公共施設等総合管理計画について、当局から説明を受けました。

❷ 午後1時30分から、平成28年度海南市議会議員研修を開催。

講師:一般財団法人地域開発研究所 牧瀬 稔氏
講演:正しい議会改革は何か
…議会基本条例や議員提案政策条例の視点から

❸ 午後3時50分から、会派代表者会議を開き、2点について協議を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA公明党「たばた昭二(現/5期目に挑戦)」の選挙事務所には、浮島とも子衆院議員をはじめ、岩井県幹事長代行、和歌山市、紀の川市、橋本市、有田市、御坊市、紀美野町、湯浅町、そして私たち海南市の議員も駆けつけ、必勝を決意。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じく、公明党の「玉田たかのり(現/4期目に挑戦)」と「奥田とよこ(新人)」も、元気いっぱいに、それぞれの選挙事務所にて出陣。
いよいよ、1週間の舌戦がスタートしました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅前には車が5台、自宅横にはミニバイク2台と自転車2台のほか、叔父の土地にも宣伝カーなど2台を駐車させて頂いてます。

特に、自宅前の出し入れが大変で、車やバイクが速やかに移動できるよう、キーを整理・整頓・管理するため、キー掛け用のフックをDIYで作り、壁に設置しました。

6人家族のうち、母を除く5人が現役ドライバーなので致し方ありませんが…
スペアキーもあるので、結構な数です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

KC4D0001鶴保庸介内閣府特命担当大臣をはじめ、石田真敏衆議院議員、門博文衆議院議員、仁坂吉伸和歌山県知事、県内各市町の首長、議長、議員、企業・団体を代表する方々など、約600名の方にご参加いただき、盛大に開催する事が出来ました。
ご出席賜りました皆さま、誠にありがとうございました。

山口那津男代表の挨拶は、概ね以下のような内容であったと思います。

❖ 昨年の参院選における公明党の比例区の得票率および絶対得票率において和歌山県が日本一の成果を収めることが出来たのは、常日頃からお支え頂いている皆さまのお蔭であると感謝の意を表しました。
❖ 昨年秋の国会審議において、年金の受給資格を25年から10年に短縮することで64万人が新たに受け取れることになった、所得が低い家庭の子供を対象とした返済不要の給付型奨学金制度を創設、税制改正では、いわゆる「103万円の壁」にとらわれることなく働けるよう推し進めたことなど、国政における公明党の事績を紹介。
❖ アメリカでいよいよトランプ政権がスタートするが、日本においては、政治の安定が最重要であると強調。連立政権において公明党がしっかりと舵取りをする。
❖ 和歌山においては、鶴保大臣、世耕大臣、二階幹事長のお三方が安倍政権を支える重要な役割を果たされており、公明党も力を合わせ、さらなる発展に努めたい。

来週1/22告示1/29投票日を迎える岩出市議選を前に街頭演説を実施

奥田とよこ(新) 玉田たかのり(現) たばた昭二(現) の3名が力強く決意

熊野せいし参議院議員も駆けつけ «国と地方議員の連携で皆さまの声を政治に活かす公明党にご支援を» と、お集まり頂いた皆さまに渾身の訴え

sns_74861_0282856001484458000_0.jpg

昨日、海南市・紀美野町でそれぞれ成人式が挙行されましたが、傘が必要なほどのあいにくの雨になってしまいました。

このため、昨日予定していた公明党海南支部議員団4名による『成人の日記念街頭演説』は一日延期し、本日午前、海南市および紀美野町の2か所で実施しました。

幼児教育の無償化、奨学金の拡充、最低賃金の引き上げなど若者が将来に希望を持てる社会の構築を目指す政策
年金の受給資格期間を25年から10年に短縮する措置の実施時期を前倒しする「無年金者救済法」の成立
昨年4月の熊本地震や相次いだ台風災害への対応を進めるための予算
保育や介護の受け皿の確保と、保育士や介護人材の処遇改善を促進するための予算
老朽化した水道施設の改修といった生活密着型のインフラを整備するための予算など、公明党が主導して『第二次補正予算』に盛り込まれた実績などを訴えました。

(写真は、紀美野町にて…森下議員が撮影)sns_74861_0508484001483938552_0.jpg