01

100有余年、歴史ある黒江の夏の風物詩「下駄市」に、家内・長女とともに行ってきました。

昨年は城山トンネル拡幅工事のため開催されませんでしたが、その反動もあってか、今年は特に大勢のお客さまで賑わっていました。

その名の通り「下駄」を販売している屋台はわずかですが、せっかく「下駄市」に行くんだからと、私自身は作務衣に下駄履きという格好で出かけました。

また、開始目前の2015紀の国わかやま国体&わかやま大会のPRのため、紀州犬をモチーフにしたマスコット「きいちゃん」も会場を訪れ、子どもたちと握手したり記念写真を撮ったりと、盛り上げていました。

写真は、長女がスマホで撮影したものです。

コメントは受付けていません。