近畿地方では、台風11号が昨夜から非常に遅いスピードで北上を続けています。

4年前、和歌山県下に大きな被害をもたらした台風12号を思い出させるようなゆっくりとしたスピードで、私の地元でも「貴志川」の氾濫や、そのことによる住居等への浸水被害が心配でした。

朝から、地元を流れる1級河川「貴志川」と、周辺地域で浸水被害等が発生していないか様子を見に行きましたが、何とか水位も持ち堪え、今のところ大事には至っておりません。

下の写真は、鳴瀬大橋と昭和橋の上から、増水している貴志川を撮影したものです。

 KC4D0002KC4D0006

 

 

 

 

今後も大雨が長引く事が予想され、引き続き警戒が必要です。

コメントは受付けていません。