午後1時30分から、市民交流センター・ふれあいホールにて開催されました「かいなん男(ひと)と女(ひと)のつどい」に来賓として出席しました。

オープニングは、海南児童合唱団による合唱

講演は、アーティストのエスペランサさんによる演奏とお話で、フルート演奏者である奥田良子さんは、厚生労働省指定難病「クローン病」を患いながらも、夢をあきらめず、病の認知活動のため、夫の奥田勝彦さんとの演奏活動を繰り広げておられます。

素晴らしいフルートやオカリナの演奏と交互に語られたお話は・・・「人権啓発・男女共同参画」って、難しいことは話せないけれど、と言いながらも、病との闘いやご主人との生活など、日常的に体験している中から感じていることを、テンポ良く、ストレートに表現され、私自身、吸い込まれるように聴き入りました。

そんなお二人の素晴らしい演奏と楽しいお話でしたので、あっという間に90分のステージが終わりました。

お二人の、益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

エスペランサさんの公式HPはこちらから ⇒ http://www.esperanza-okuda.com/

コメントは受付けていません。