午後1時から、党県本部にて開催の和歌山県代表協議会(11月度議員総会)に出席しました。

紀の川市議選を大勝利し、見事当選を果たされました室谷伊則議員、並松八重さん、大谷さつきさんの挨拶等のほか、

小川浩樹第三総支部長(田辺市議会・議会運営委員長)による活動報告では、

田辺市議会が、議員の永年勤続に対して表彰される「全国市議会議長会表彰」および「県市議会議長会表彰」を辞退する事を申し合わせた件について、

・・・元々、佐井昭子議員(田辺支部長)からの提案を受けて、議運委員長である小川議員が各会派に根回しをし、全会一致で議会としての辞退(全国初)が決定されるまでの苦労話が報告されました。

公明党では、平成17年に辞退することを申し合わせましたので、私自身も10年表彰の際にはあらかじめ事務局に申し入れ、辞退していました。

今後、県下各自治体はもとより、全国で同調の方向に進む事が予想されます。パイオニアとなった、公明党田辺議員団のメンバーに対し敬意を表します。(…写真の通り、出席者全員が拍手を贈りました)

また、本日、山本香苗参議院議員が出席され、特定秘密保護法案および公明党が進めようとしている消費税における軽減税率の導入について等々(残りわずかな会期末まで取り組むべき政治課題)について、解説して下さいました。

コメントは受付けていません。