11月定例会が開会しました。

通算42回目となる一般質問は、市民相談から3項目について行う予定です。

質問の要旨は以下の通り、本日提出した通告書の中身をここに掲載します。

データ添付はこちらから⇒11月定例会一般質問 通告分

 

1、重根(下村)地区の浸水対策について

・・・現状の水路では排水が追いついていないため抜本的な浸水対策を求める

(1)これまでどのような対策を講じられてきたか、主な改修内容を伺う

(2)大雨のたびの浸水被害に対し、今後どのような対策を講じられるか、計画を伺う

 

2、イノシシ、イノブタが市街地まで出没し住民の安心・安全を脅かしている件について

・・・農地だけでなく市街地にまで出没し、地域住民が恐怖を感じている

(1)農地、農作物への被害対策とは別の視点で、市街地における市民の安全・安心の対策として、これまでどのような対策が講じられてきたか

(2)通学路や住宅街に現れた場合、職員も動員して大捕物が展開されると予想されるが、実際にはどう対応されるのか伺う

(3)市民の相談窓口を明確にし、丁寧な対応を

 

3、飼い犬の飼い主に対する倫理の問題について

(1)放し飼いと思しき事例について
   ・・・実態把握、指導はできているか

(2)犬のふん害について

  ①現在の条例の周知徹底について

  ②狂犬病予防注射の際、飼い主に周知徹底することを提案する

  ③消えてしまった看板の修繕について
   ●現在の点検や対応を伺う
   ●ステッカー貼付による修繕を推進

  ④新たに、条例に罰則規定を設けるべきではないか

コメントは受付けていません。