バックナンバー: 2013年 9月

公明党和歌山県本部は、明日10月1日から末日までを「ピンクリボンキャンペーン月間」と位置づけ、

女性局を中心に、紀の川市での街頭演説をはじめ、広報宣伝局・遊説局からも、県内全議員(男女問わず)が同キャンペーンの主旨を踏まえ、9月定例会報告なども織り交ぜての街宣活動を実施するよう呼びかけております。

本日、私の宣伝カーのステッカーを張り替え、ピンクリボン街宣向けに化粧直しをしました。

ポスターのアップはこちらです。

地元で私自身の母校でもある中野上小学校の運動会を見学させて頂きました。

子どもたちは元気いっぱいに各競技に出場していました。

午後1時30分から、紀の川市の「粉河ふるさとセンター」にて、公明党和歌山県本部の9月度議員総会を開催。これには、北側一雄党副代表も出席されました。

議員総会では、紀の川市議選予定候補への公認証書授与をはじめ、紀の川市議選予定候補による決意発表、和歌山市・中尾議員、橋本市・森下議員、岩出市・宮本議員の活動報告などのほか

私からは、今後の広報宣伝活動の取り組みについて、特に10月は女性局議員とも連携し、「ピンクリボン街頭」と「9月定例会の報告」などを基に実施していこうと訴えました。

北側一雄党副代表からは「公明党の歴史」について、前身の「公明政治連盟」やそれ以前の無所属時代からの流れについてお話がありました。

また、昨年の衆院選および先の参院選で初当選した新人議員について、非常に優秀な人材を送り込んで頂いたと語られました。

午後の議員総会で「今後の広報宣伝活動の取り組みについて」訴える事になっていましたので、出発前、地元周辺地域4箇所で街頭演説を実施しました。

内容は、この夏の猛暑対策・熱中症対策として、昨年9月定例会での一般質問から実現した、「21カ所の公共施設を暑さしのぎ休憩所としての開放」と「一部の小・中学校へのミストシャワーの設置」についての実績報告としました。

午前10時から、紀の川市桃山町最上字亀澤地内の紀の海広域ごみ処理施設建設予定地において、紀の海広域ごみ処理施設建設工事安全祈願祭及び起工式が挙行され、これに出席致しました。

本施設の目的は、紀の川市、海南市および紀美野町から排出される一般廃棄物のうち、可燃ごみを焼却し、焼却により発生する熱エネルギーを有効活用する「エネルギー回収施設」と紀の川市および紀美野町から排出される粗大ごみ、びん類、缶類、ペットボトル、プラ容器等を破砕・選別等により、資源回収を行う「マテリアルリサイクル推進施設」を建設し、適正な処理を行っていくことを目的としています。

地元自治会地域内にある集会所の管理および児童公園の清掃作業などについて協議を行いました。

 かねてより、海南市議会では、定例会の内容を紹介する議会だよりを発行していますが、今定例会の内容を紹介する34号(25年11月発行予定)から、「一般質問」の原稿は、質問者自身が筆者として会議録の粗原稿を基に原稿案を作成し、後日、編集委員会において修正・註記・改変・削除などが行われることになりました。

会期中の委員会審査と重なり、粗原稿を受け取ってから原稿を提出するまで2日というタイトなスケジュールで行います。また、筆者(質問者)が挿入したい写真やイラストについても、筆者自身が肖像権や著作権の問題をクリアして提出する必要があります。

(私の)原稿締め切りの本日、午前中自宅事務所でパソコンに向かい、原稿を仕上げ、事務局へ送信しました。

本日、9月19日は中秋の名月です。晴天のおかげで、とても綺麗な満月を観ることができました。

自宅前の駐車場からOLYMPUS STYLUS SP-820UZで撮影しました。http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr120822sp820uzj.jsp

尚、本日午後7時から、高津児童会館にて、和歌山県ライフル射撃場付近水質・土壌調査結果説明会及び和歌山県ライフル射撃場改修工事に係る現地説明会が開催され、中西議員、美ノ谷議員らと出席しました。

台風から一夜明けた今日、真っ青な空には雲ひとつ無いお天気になりました。

本会議に出席するため、市役所へ向かう途中で見た貴志川は、水位こそ下がっているものの、まだまだ茶色く濁っていました。貴志川の水が澄むまでは、もう暫くかかりそうです。

大型台風18号の接近により市内東部地域を流れる一級河川・貴志川が増水し、一部の共同井戸(水道施設の一種)のポンプ室での浄水施設などに影響が出ました。

写真は、晴れ間が出始めた正午過ぎの様子です。(野上新付近にて)