一般質問通告以降、関係部署の担当職員からの聞き取りへの対応を行うとともに、合間を縫って市民相談への対応を行う。

一般に、議会の質問の主旨を確認する根回しの事をすりあわせと呼びます。これを、デキレースなどと悪く言う人もいるようですが、

現実問題として、職員の皆さまも、通告書の短い文書だけで、議員の質問の趣旨を全て理解するのは難しいため、事前の交渉が全くなかったら、理解不足や勘違いがあった場合に、議会本番で答弁に行き詰って中断することになります。

また、議員の主張と当局の方針が異なるという事もよくある事で、これもまた議会本番で平行線のまま前に進まないこともあります。

結論から言いますと、いくら根回しされても、議員も自身の主張で、譲れないところは譲れませんので、交渉決裂で、本番で対決・・・ということになるわけで、

職員は、議員の主張・質問の趣旨を深くとらえるため、議員は、当局の方針を確認するとともに自身の主張を当局側に理解させるため、

いずれも、本会議場での議論を深めるためのすりあわせであって、私自身は、あくまでも、議場でのやりとりこそが重要であり、実際、本会議の場で、すりあわせ以上の答弁を引き出した事もあり、議員としては、これが醍醐味とも言えます。

言論の府と呼ばれる議会の場であることを忘れることなく、取り組んで参ります。

コメントは受付けていません。