次男が所属しています「創価和歌山ブルーイーグルス」など、創価学会和歌山音楽隊は、結成から満51年を迎えましたが、昨年実施できなかった結成50周年記念の演奏会を、本日、岩出市立市民総合体育館で開催されました。

ちなみに、私の古きアルバムの中には、昭和52年8月21日に和歌山シンフォニックバンドの一員として参加した第1回関西音楽隊夏季研修の、そして、昭和54年4月28日の海南シンフォニックバンド結成式の、さらに同8月26日の関西音楽隊第3回夏季研修、昭和56年8月8日~9日の第17回和歌山県吹奏楽コンクールへ出場した際の記念写真などが残っています。

えっ、もう32年~36年も前になるのか??…と思うほど、まだまだ青春時代の記憶はそれほど色褪せてはいませんが、… 現実には、もう何年も前から、楽器は全く吹けなくなってしまいました。

さて、話を岩出市の記念演奏会に戻します。

パート別のステージ、ソロ発表会、隊長&副楽団長デュエット、パーカッションインストラクターの木村安希先生のステージのほか、サンシャイン合唱団や、関西男性合唱団による合唱など、とても素晴らしい演奏会となりました。

出場されました皆さまの、素晴らしい演奏・演技に、心を込めて拍手を贈ります。ありがとうございました。

コメントは受付けていません。