バックナンバー: 2013年 5月

海南市議会の総務委員会(常任委員会)は、5月29日(水)から31日(金)までの3日間、行政視察のため静岡県浜松市、東京都八王子市、静岡県伊東市を訪問し、研修を行いました。

研修テーマは以下の通りです

① 浜松市  : 予算を活かすインセンティブ制度について
② 八王子市 : 指定管理者制度 モニタリングについて
③ 伊東市  : 新公共経営システムについて

19時から、党県本部にて、顧問弁護士の土井先生を講師に迎えて、第2回目となる憲法に関する勉強会を開催し、御坊以北の議員有志が講義を受けました。

質疑応答では、各議員が、現場で直面している市民相談で、憲法に照らしてどうかと言った質問が複数でましたが、土井先生の手によって整理され、憲法とは異なる次元で他の法律によって判断すべき事件であったりという説明を聴く事で、憲法と法律の違いなどが少し理解できたと思います。

海南市一般会計、特別会計、企業会計に関する 3月度、4月度監査を実施しました。

午後7時から、南海「和歌山大学前」駅直結 ふじと台エスタシオン西棟1階 SHELTER(シェルター)にて開催されました、魚住弘樹氏のライブに、家内とともに行ってきました。

午後1時から県本部にて開催の議員総会に出席し、諸課題について協議。行き帰りも私設宣伝カーで音源による放送をしながら移動。

午後1時30分から、兵庫県赤穂市の、赤穂市文化会館ハーモニーホール「大ホール」にて、近畿地区都市監査委員会総会・研修会が開催され、事務局長とともに出席しました。

研修会は、兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科の中野雅至教授による「監査の視点における自治体財政の健全化とこれからの地方行政」と題しての講演で、以下のような順にお話が進められました。

1. NPM(New Public Management)が進んだ1990年代の行政とその限界
2. 公務員バッシングとは何か
3. 効率的・効果的な行政に不可欠な「説明する役所」

午後0時半から5時半頃まで、町田議員とともに、紀美野町内での街宣活動を実施しました。

お天気にも恵まれ、また、街頭演説を始めると、ご近所の方々がわざわざ外まで聴きに出てきて下さったり、通りがかった車から手を振って下さったり、子どもが近づいてきたりと、多くの方のご声援を頂いての実施となりました。

移動中も、県本部で調達した音源を放送しながら、まず、かつらぎ町との境にある“たまゆらの里”まで行ってしまって、折り返し地点から帰着までの間で、10ヶ所のスポット街頭を行いました。

藤白鈴木会、紀州藤白 鈴木屋敷を育てる会 主催による第7回全国鈴木サミット&鈴木フォーラムが、5月21日・22日にかけて開催されました。

2日目となる本日は、午後1時から、海南保健福祉センターにて、フォーラムが開催されましたが、

何といっても、メインイベントの、スズキ株式会社代表取締役会長兼社長の鈴木修氏による“スズキの海外進出”と題しての基調講演が、ユーモアを交えながらも、これまでの鈴木氏のご苦労が目に浮かぶような、それはそれは、とても素晴らしい講演でした。

昨日からの開催という事もあり、秋田県羽後町の安藤豊町長、秋田県鈴木家当主の鈴木杢之助重廣氏も出席されていました。

海南市土地開発公社の平成24年度の決算監査を行いました。

次男が所属しています「創価和歌山ブルーイーグルス」など、創価学会和歌山音楽隊は、結成から満51年を迎えましたが、昨年実施できなかった結成50周年記念の演奏会を、本日、岩出市立市民総合体育館で開催されました。

ちなみに、私の古きアルバムの中には、昭和52年8月21日に和歌山シンフォニックバンドの一員として参加した第1回関西音楽隊夏季研修の、そして、昭和54年4月28日の海南シンフォニックバンド結成式の、さらに同8月26日の関西音楽隊第3回夏季研修、昭和56年8月8日~9日の第17回和歌山県吹奏楽コンクールへ出場した際の記念写真などが残っています。

えっ、もう32年~36年も前になるのか??…と思うほど、まだまだ青春時代の記憶はそれほど色褪せてはいませんが、… 現実には、もう何年も前から、楽器は全く吹けなくなってしまいました。

さて、話を岩出市の記念演奏会に戻します。

パート別のステージ、ソロ発表会、隊長&副楽団長デュエット、パーカッションインストラクターの木村安希先生のステージのほか、サンシャイン合唱団や、関西男性合唱団による合唱など、とても素晴らしい演奏会となりました。

出場されました皆さまの、素晴らしい演奏・演技に、心を込めて拍手を贈ります。ありがとうございました。