バックナンバー: 2012年 12月

午後2時から、平成24年国民健康保険野上厚生病院組合議会第3回定例会が開かれました。

定例会の開会に先立ち、午後1時30分から、このほど完成した院内保育所『こすもすほいくしょ』を見学させて頂きました。木がふんだんに使われていて、木の香りがとても素晴らしい保育所でした。

午前9時30分から、海南市役所5階監査事務局にて、海南市の11月度例月監査を実施しました。

明年1月20日告示、27日投開票の岩出市議会議員選挙に、公明党公認で立候補予定の現職の宮本かなよさんの後援会事務所開きに、家内とともに出席しました。

午前9時、岩出市備前41プチツール1-JKLに開設されました後援会事務所を訪問し、地元支持者の皆さまとともに、市議選の勝利をめざし、盛大に事務所開きを行いました。

県本部からは、西県代表をはじめ、多田県幹事長代行、和歌山市の松本議員・藪議員・西風議員、紀の川市・寺西議員、橋本市・楠本議員、有田市・岡田議員、御坊市・山本議員、紀美野町・町田議員、湯浅町・石橋議員、そして海南市の3名(前山議員・黒木議員・私)が応援に。

また、先の総選挙でリベンジを果たしました浮島ともこ衆議院議員も駆けつけ、力強く激励の応援演説をされました。

引き続き、午前9時30分から、岩出市川尻177で、現職・たばた昭二さんの、また、午前10時から、岩出市相谷4-1で、現職・玉田たかのりさんが、それぞれ後援会事務所開きを行いました。

今回の岩出市議会議員選挙は、定数18名から16名に、2名減となる大変厳しい選挙戦が予想される中、公明党は、現職3名が、現有議席死守めざして、がんばります。絶大なるご支持、ご支援を宜しくお願い申し上げます。

党県本部にて本年最後となる拡大支部長会が開催され、衆院選の総括や、岩出市議選、新春年賀会など諸課題について協議を行いました。

海南市議会11月定例会に提出された当局提出議案は、いずれも全会一致または賛成多数で可決され、閉会いたしました。

2012年12月18日付公明新聞から

 記者団の質問に答える山口代表と井上幹事長=17日 党本部

記者団の質問に答える山口代表(左)と井上幹事長=17日 党本部

9小選挙区、初の完勝
比例区 北関東、中国で議席増
新人10氏が当選
 16日に投開票された第46回衆議院総選挙で、公明党は公認候補を擁立した9小選挙区で完全勝利、比例区では全国11ブロックで22人が当選し、計31議席を獲得した。“政党乱立”の大混戦の中、選挙前の21議席から10議席伸ばす大勝利となった。衆院が現行の選挙制度となってから、公明党が挑んだ小選挙区で完勝したのは初めて。比例区は北関東、中国の両ブロックで議席増。全国11ブロックを合わせた得票率は11.83%で、前回選挙の11.45%を上回った。

小選挙区で公明党は、党として初めて挑戦した北海道10区で、稲津久氏が現職閣僚を破り見事に当選を果たした。また、前回選挙で敗北した8小選挙区の全てで雪辱。太田昭宏(東京12区)、上田勇(神奈川6区)、北側一雄(大阪16区)、赤羽一嘉(兵庫2区)の4氏が返り咲いたほか、前回比例区で当選した佐藤茂樹氏(大阪3区)、新人の国重徹(大阪5区)、伊佐進一(大阪6区)、中野洋昌(兵庫8区)の3氏が激戦を突破した。

戦後最低の投票率となる中で、公明党の比例区全国11ブロックの総得票数は711万票(前回805万票)。近畿、九州・沖縄の両ブロックでは民主党の得票数を上回った。

各ブロックの獲得議席は、北海道1、東北1、北関東3、東京都2、南関東2、北陸信越1、東海2、近畿4、中国2、四国1、九州・沖縄3。合計22議席として、前回から1議席増を果たした。

特に、北関東では2003年衆院選以来の3議席を獲得し、岡本三成、輿水恵一の新人2氏が当選。中国でも前回失った2議席目を奪還し、桝屋敬悟氏が国政復帰を果たした。

さらに、新人の佐藤英道(北海道)、浮島智子(近畿)、樋口尚也(同)、濱村進(同)、はまち雅一(九州・沖縄)の各氏が当選を飾り、元職の伊藤渉氏(東海)も当選した。

今回の衆院選は、民主党政権への審判が最大の争点であったが、同党は選挙前の230議席から57議席へ大きく後退。現職閣僚や閣僚経験者が相次いで落選するなど、失政続きだった同政権は有権者から事実上の不信任を突き付けられ、退場することになった。

大部分の小選挙区で公明党と選挙協力した自民党は、過半数を上回る294議席を獲得し、政権奪還を果たした。

“第三極”政党では、日本維新の会が54議席、みんなの党が18議席。一方、日本未来の党は選挙前の62議席から9議席に勢力を大きく減らした。

共産は1議席減の8議席、社民は3議席減の2議席となった。

さいたまスーパーアリーナにて第40回記念マーチングバンド・カラーガード全国大会が開催されました。

我が家の次男が所属しています「創価和歌山ブルーイーグルス」は、9月に開催された関西大会で金賞を受賞し、3年連続4回目となる全国大会出場を果たしました。

 

日本マーチングバンド・バトントワーリング協会の公式HPはこちらから↓

http://www.japan-mba.org/index.html

http://marchingkansai.fc2web.com/index.html

支部議員団4名は、午後6時から9時までの間、私の自宅で衆議院選挙の陣中見舞を受け付けさせて頂きました。

この度の衆院選への陣中見舞にご協力を賜りました党員・支持者の皆様に、心より感謝申し上げます。

領収書作成、台帳作成など全ての事務処理を終えたのは深夜0時を大幅に回ってからのことでした。

海南市議会11月定例会3日目(一般質問2日目)の本日、朝1番の登壇で連続・通算39回目となる一般質問を行いました。

住民センターの休日利用に関する問題についての続編として、本年6月定例会に続いて2度目の質問です。

質問 ⇒ 答弁 ⇒ 再質問 ⇒ 再答弁 ⇒ 再々質問 ⇒ 再々答弁 と、やり取りが進む中で、他党、他会派議員からも、私の質問・指摘・要求に同調する声が発せられるなど(あくまでも不規則発言となりますが)、私にとっては追い風の中で力強く、当局にとっては逆風のやりにくい空気の中での一般質問であったと思います。

一般質問を終えて改めて決意した事

「大衆とともに…」の立党精神を忘れず、これからも市民の側に立った姿勢で臨んでまいります。

海南市議会11月定例会・一般質問初日の本日、神田政巳市長は、一人目の一般質問に答える形で、来春の市長選に3選目指し出馬する意向を正式に表明されました。

尚、本日の本会議日程の一般質問は3人が終了した時点で延会し、引き続いて、予算決算特別委員会が開かれました。

明日の本会議は、私の一般質問からスタートです。