午後2時から、海南市民会館大ホールにて、井澤弥惣兵衛さんを知ろう会第6回学習会・講演会が開催されました。

講演に先駆け、「野の花」の皆さんによる詩舞や、住民センターで活動されています「ひまわり」の皆さんによるコーラスで素晴らしいオープニングとなりました。

この度は「野の花」の尾西さんをはじめ、多くの方からご案内頂き、家内とともに参加させて頂いたものです。水利組合の役員の方など、多くの方が参加されていました。

講演は、埼玉県文化財保護審議会委員・さいたま市緑区歴史の会会長の青木義脩先生によるもので「関東における井澤弥惣兵衛為永翁の活躍」と題しての、飯沼新田開発、見沼新田開発、見沼代用水開削、高沼(鴻沼)新田開発、見沼通船堀、木曽三川等々について文献等の資料を通し詳しく解説されました。紀州・海南の、それも私の地元地域出身の偉人に対しあらためて尊敬の念を強く致しました。

コメントは受付けていません。