建設経済委員会行政視察2日目は、長野県飯山市を訪問し、「飯山市空き家バンク制度」、「飯山市移住・定住支援住宅建設促進事業」、「飯山市若者住宅」について研修しました。

 市役所での研修終了後、3か所の若者住宅の現地をご案内頂きましたが、昨日の視察先と異なり、こちらでは、いずれも一戸建て住宅でしたので、入居者のプライバシー保護のため撮影は自粛いたしました。(市役所で頂いた資料には施設の構造および規模、総事業費、施設の特徴、入居基準などの他、新築時の外観および室内の写真、平面図などが記載されており、よく分かりました)

 こちら飯山市の若者住宅でも、年齢や世帯収入や入居期間は最長でも5年などの条件付きですが、家賃が3万5千円と非常に安く、若者の移住・定住を促進する手立てとして有効であると思いました。

コメントは受付けていません。