海南市議会6月定例会会期中の本日、昨日に引き続き一般質問が行われました。

 午後7時から、海南保健福祉センターにて、定例の党支部会を開催いたしました。

 今回、紀美野町の町田議員には、当選後初めての6月定例会の一般質問の内容や感想、エピソードなどを報告して頂き、黒木議員には、9月1日付公明新聞を、支部として(海南市、紀美野町)有権者比1%の達成に向け取り組むことを発表して頂きました。

 私からは、日程、諸事項、そして国政において、与野党(民主・自民・公明)の各幹事長間で協議されていた50日という会期延長の日程を、首相が覆し、70日になった事について、昨日(22日)の公明党山口代表のぶら下がり記者会見の問答を紹介しながら、私なりに解説致しました。

コメントは受付けていません。