6月定例会を迎えるにあたり、海南市議会「公明党」は、海南市議会「市民クラブ」と合同で勉強会を実施し、提出議案についての勉強や、一般質問の情報交換、議会運営委員会の内容報告などを行いました。

 勉強会終了後、会派控室のデスクに向かい、一般質問の通告書を作成し、提出しました。
 
6番目の登壇ということで、一般質問第2日目(6/22:水曜日)になるのではないかと予想しています。

 尚、今定例会は、東日本大震災を受け、防災に関する質問が多く予想される中で、市議会公明党は、黒木議員が防災関係の質問を行い、私は、別の課題を取り上げています。(議会運営委員会でも質問が重ならないよう議員間で調整するよう、改めて確認されています)

 

私の一般質問の通告は以下の通りです

1.地方版CSR(企業の社会的責任)の推進について

(1) 自治体初の釧路市版CSR「社会・環境活動推進指針」を参考に、本市版CSRを策定してはどうか。市長の見解を伺う。
(2) 地域貢献型、地域志向型、地域密着型と言われる地方版CSRを、行政として積極的に支援すべきと考えるが、取り組みについての考えは。

2. 法教育について

1) 今年度からスタートした小学校について

① 今年度の実施計画はどうなっているか
② 実施した小学校の授業形態や内容はどのようなものか
③ 授業実施後の成果について、学校内での評価、他校の情報収集や情報交換はどうしているか。また、教育委員会としてはどう評価しているか。
④ 学校開放週間や授業参観での実施について、現状と今後の予定は。

(2) 来年度は中学校、再来年度は高校でもスタートすることになっているが、来年度からスタートする中学校の実施計画を伺う。

3. がん教育アニメーションDVDの活用について

希望する中学校には無償配布できるがん教育のDVDを授業やPTAの会合で活用してはどうか

① DVD活用についてどうお考えか
② 実施した学校はあるか
③ 今後の予定・計画は

コメントは受付けていません。