バックナンバー: 2010年 1月

午後1時30分より海南保健福祉センターにて開催の、平成21年度議員研修会に出席致しました。

専修大学法学部教授 小林弘和氏による 「これからの議会運営」と題しての講演で、質疑応答も含め約2時間の研修会となりました。

話は大きく変わりますが、

自宅の事務所側の2階の大広間の畳の表替えをして頂きました。

今回の表替えまで、概ね10年にわたり、多くのお客様をお迎えしてきました。

特に最近は、擦り切れた畳がズボンなどに着いてしまうほど痛んでいましたので、思い切って発注して良かったと思います。

新しい畳の匂い(香り)は、とても良い匂い(香り)がします。

・・・現在中学三年生の次男も、学校から帰って来るなり、新しい畳を見に来て、やはりそう言ってました。

その後、帰宅した高校2年生の長男も、そして大学1年生の長女も、やっぱり同じように、「いい匂い」だと言ってます。

こういう話を聞くと、だんだん洋風化してきている生活に馴染んでいると思っていても、

「和の文化」を愛するDNAが受け継がれているのかなぁ と思いました。

この部屋は、党の会合をはじめ多くのお客様をお迎えする場所になっています。

その皆さま方に、気持ちよく使っていただける事が、何よりです。

午前9時30分から議会運営委員会、終了後、会派代表者会議が開催されました。

二つの会議が終了後、市民相談に関わる事務処理を行い、その後、支部会で活用する資料の作成などを行いました。

写真は、海南支部(海南市・紀美野町)として公明新聞2月の実配で有権者比1%を達成したことを記念しての撮影です。

市民相談の連絡を受けていた方のお宅を訪問し用件を伺い、対応する。

午後一番で所用を済ませた後、夕方暗くなるまで、9箇所で街頭演説を実施しました。

街頭演説の内容は、本日の公明新聞記事を基に、

昨日の衆議院本会議で2009年度第二次補正予算案に賛成したことについて、大口衆議院議員の賛成討論や、斉藤政調会長のインタビューなどを紹介しました。

他に、山口ビジョン、公明チーム3000などの話題についても、盛り込みました。

午前中、県本部にて数件の事務処理と、県庁への所用を済ませました。

午後からは、アバローム紀の国にて開催されましたポートフォーラム2010に出席いたしました。

ポートフォーラム2010は、

~和歌山下津港におけるコンテナ物流の展望~

とのサブタイトルが掲げられ、

井本商運株式会社 代表取締役社長 井本隆之氏による 「和歌山下津港における内航フィーダーの役割」と題した講演

和歌山大学 経済学部 准教授 辻本勝久氏による 「かしこい地元コンテナ港の活用方法」と題しての講演

これら、2題の講演に先立ち、仁坂知事の挨拶、また、和歌山下津港の現況について県担当職員の方からの報告等がありました。

本日午後、市内東部地域の7箇所で街頭演説を実施いたしました。

昨年12月に発表された「山口ビジョン」と、通常国会での公明党議員の発言などを話題にしました。

本日午後、新宮市にて党県本部主催の議員総会が開催され、これに出席しました。

席上、12月度街頭演説100回達成の活動報告をいたしました。

過日行われました下津商工会との懇談の内容や、現政権下における陳情活動の問題点など、諸課題について、海南市議会・出口議長と懇談しました。

市民相談に関わる事務処理や、担当課への聞き取り調査など、必要な対応を行いました。

御用聞きを兼ねて、地元地域を訪問いたしました。

和歌山市・アバローム紀の国にて18時30分から開催の新春年賀会には、自民党国会議員、仁坂知事をはじめ、県下各地の首長、各種団体の代表者の方など、多くの方にご出席を頂きました。

党中央からは、白浜参議院議員、山本香苗参議院議員、浮島とも子参議院議員などが出席。

民主党を中心とした政権与党の問題点や、来たる参議院選に向けての決意などが語られました。

早朝、まず午前8時30分開会の駅伝競走開会式に出席し、その後すぐ地元に戻り、昨晩電話で依頼のあった方のお宅を訪問し、市民相談の対応を行う。

昼食後、一昨日に引き続いて、新春の挨拶と御用聞きを兼ねて地元地域を訪問いたしました。

写真は、駅伝競走大会の開会式場となりました海南市民運動場に掲げられた横断幕です(携帯電話のカメラにて、開会前に撮影)。