バックナンバー: 2008年 8月

 公務、市民相談、党会合などの合間を縫って、かつて営業マン時代に担当していた岡山、広島方面へ2泊3日の訪問対話旅に出発。

 午前中は市役所にて市民相談の対応などを行い、午後から出発。

 岡山には夕刻の17時半ごろ到着いたしました。

 岡山市の居酒屋「やぐら太鼓」の女将さんと2年ぶりにお逢いし、懐かしいお話をさせていただきました。

 「やぐら太鼓」さんとの付き合いは10年程前、今の場所に移転する前からのお付き合いで、初めは、私が馴染みだったことから、どんどんと、業界の出張サラリーマン仲間にネットワークが拡がり、それぞれの出張時の来店はもとより、毎年、わざわざここで忘年会をしようと、申し合わせて20人くらいは集まるそうです。

 企業によっては2、3年で営業マンの担当地域が変更になる場合もあり、何代も代替わりしている企業もあり(その場合、彼らはこの店とのルーツは知らないわけですが)、このように、私を起点にして、いまなお確実に人脈が続いているんやなぁ。。。というようなお話で盛り上がりました。

 その後、私の最近の活動報告や、国政の話をさせて頂くと、女将さんからこんなお話を伺いました。

 女将さん曰く、女将さんのご主人は、以前は公明党を支持してはなかったようですが、昨年の参院選で、山本博司参議院議員(当時候補者で講演会で)に会って大ファンになったそうです。

 今回の訪問で、話のネタに持参していった公明パンフ、公明新聞、そして私のニュースレター(過去2年分)などを、帰ったらご主人に見せて話をすると笑顔でお答え頂き、私は感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 また、「和歌山からわざわざ来てくれた」と言って、帰りには何とお店オリジナルの麦焼酎「居酒屋やぐら太鼓」を、お土産に頂きました。

 さらに、このことをホームページへ紹介することも、快諾していただき、本当に楽しい思い出を作らせて頂きました。女将さん本当にありがとうございました。

 居酒屋やぐら太鼓さんのHPは、以下の通りです

http://www.okayama-town.com/mypage/ok039271

 地元自治会「野上中10班」の班長さんから依頼があり、私の自宅事務所側・入口へ、消火器を設置する事になりました。

 班で万一火災が発生した時の初期消火活動のためのもので、班内に2箇所設置しています。