バックナンバー: 2008年 2月

 午前9時30分定刻どおり開会。

 平成19年度海南市一般会計補正予算、平成20年度海南市一般会計予算、条例改正、市道路線の認定など、32議案が提出され、市長から提案理由の説明がありました。

 3月5日までの土日を含む4日間は議案精読期間の休会となっています。一般質問を行う為の当局からの聞き取り調査などもこの間に行います。

 今回は以下の3項目を質問します。議長宛に提出しました通告書の内容をここに紹介させて頂きます。

1.視覚障害者支援について

(1) 音声コード導入への取組み

(1)視覚障害の方のうち点字が読める方の割合

(2)活字文書読み上げ装置の給付について

(3)市職員を対象に作成や利用方法の研修実施を

(4)パンフレット等への音声コードの導入推進

(2) 点字ブロックの種類の統一

(1)JIS規格と既設の点字ブロックの実態

(2)新設する際の導入基準は定めているか

(3)第1次海南市総合計画並びに海南市障害者基本計画に基づいて

どこまで点字ブロックを設置するか

 

2.子育て支援策「赤ちゃんの駅」「赤ちゃんのオアシス」事業の提案

おむつ替え、授乳場所に保育所、児童館などを開放

 

3.東大橋における歩行者の安全対策について

−中野上地区こどもの安全守り隊からの指摘と要望から−

 

 一般質問は、開会日の午後5時までに、議長宛に質問の要旨をまとめた通告書を提出しなくてはなりません。以前は、開会日の当日に通告書を提出する議員がほとんどであったように思いますが、最近は、開会日前日までに提出する議員も増えてきたように思います。

 それには理由があって、海南市議会の一般質問は、通告順に質問が許可される制度で、もし他の議員と質問内容が重複する場合は調整する事、すなわち基本的には先に質問をする方が優先であり、後からの質問者が、重複しないよう配慮するなどの必要があります。

 このため、どうしても通告順を競う事にもなるわけです。

 しかし、私は、まだ質問の原稿は出来ていないので、とりあえず質問の要旨を頭に描き、締め切りまでに通告書の提出だけは済ませなくてはいけません。

 今回で、私が初当選以来継続しています一般質問の連続記録は・通算20回目という事になります。

 夜は、19時より桝田宅にて開催の党の会議に出席。終了し、党員さんが帰られた後も、幹部と議員で党勢拡大のために、大いに議論を交わしました。

 午前10時よりやすらぎ園にて開催の海南海草老人福祉施設事務組合議会に出席。議案は平成19年度補正予算、20年度予算の審議等。

 その第1回定例会終了後に、例月監査を実施しました。 

 議案は、海南都市計画用途地域の変更、下津都市計画道路の変更、海南都市計画道路の変更など。

 海南以南〜御坊以北エリアの担当議員として奥山県青年局長と出席し、青年部の皆さんから、さまざまな、そして大変貴重なご意見を頂戴いたしました。

 主なご意見は

 議員の活躍、実績が選挙の時しか情報が無い。議員自らが日常的にPRをしてください。ニュースレター・ミニコミ誌の作成・配布やメール配信などに取り組んでください。全議員がHPを開設し、しっかりと更新を行う事。青年層はネットで情報検索は当たり前です。他党議員と比較しています。

 雇用問題への取組みに力を入れて。ジョブカフェを休日や遅い時間に利用出来るように働きかけて欲しい。ジョブカフェを地元にも開設して欲しい。

 観光PRについて。各市町村の枠内でくくらず、より大きなエリアでのPRの方法を考えてください。

 党主催の献血をもっとPRすべきではないか。

 サポートステーション設置に向けて、など、署名活動の取組みを。

 等々たくさんのご意見を頂戴し、改めて青年パワーを実感すると共に、期待に応えられるよう、自らの成長と、他の議員にもしっかりと伝える使命があると決意を致しました。

 午前10時30分 御坊以北エリアの党拡対会議 ビッグ愛にて開催
 午後1時15分 会場をプラザホープに移して、党県本部・議員総会の開催

 午後7時より海南保健福祉センターにて2月度党支部会を開催。

 今月、私は「議員の活動報告」担当でしたので、かねてより市内の落書き問題に取り組んできましたが、今月はじめに、野上新橋の落書きが消去された事を一例として報告をしました。

 市内の落書き問題については、平成17年9月議会で私が初めて取り上げて以来、野上新橋や新北野上橋などの落書き被害に対し迅速に対応してきましたが、ここでは、野上新橋の場合は1度すぐ消去したにもかかわらず、その後すぐ2度めの落書き被害にあい、この2度目の落書き以降の窓口交渉や議会での発言により、やっとこの2月に入り、県の対応で、今回は、万が一また落書きしようとしても、特殊なペイント加工により、これには上書きがし難く、さらに落書きが下地に染み込み難く、消去し易い、そういう特殊なペイントで、落書きが消去された事を報告しました。

 さらに、街宣活動への決意、青年局の懇談会の開催予定についても報告。

 午前9時30分より国道(42号・370号)対策特別委員会が開かれ、当局から説明を受け、その後質疑応答のやり取りがありました。

 わたしは、370号の当初計画と実際の進行状況について質問を致しました。

 今月の支部会開催の案内状を作成し、各議員宅へ必要部数を届けるとともに、私自身の担当である党員宅へも、案内状を持って訪問。

 その中で、ある市営住宅にお住まいの党員さん宅を訪問した際に、その市営住宅の水周りに関わる相談を受け、休日であるので翌日すぐ市役所・担当課へ連絡し、対応する事をお約束いたしました。

 別の党員さん宅では、予算の関係等により相談を受けてから完成まで2年がかりとなりましたが、地元自治会から市に要望を提出するのはもちろんの事、さらに私からも市当局に対して後押しをする形で早期改修をお願いしていました道路側溝部分の改修工事が完了し、地域の皆様方にも大変喜んで頂いているとの報告を頂きました。

 さらに別の党員さん宅でも、その方のお宅のすぐ前の道路の拡幅工事ですが、いよいよ第3期目の工事が開始したとの喜びの声を伺いました。この工事が終了すれば、要望されていた区間の拡幅が完了となります(すでに一昨年から第1期・そして昨年が第2期と、これまで要望されていた区間・全体の3分の2までが拡幅改修されています)

 出かける際に、カメラも携帯電話も持たずに外出してしまい、現場写真が撮れませんでしたが、改めて実績コーナーへ紹介させていただきます。

 午前10時開催の拡大支部長会に浴議員と共に出席

 当面の議員活動について、機関紙推進月間について、2月度議員総会の企画、3月度日程などについて協議いたしました。