バックナンバー: 2007年 11月

 午後1時30分より開催されました、都市計画道路大野中重根線竣工式に出席いたしました。

 阪和自動車道・海南東インターからの、東海南地区、紀美野町、紀の川市など、東部へのアクセスが大変便利になりました。

 写真は、テープカットの様子です

午前10時より、公明党並びに、市民クラブの2会派合同での勉強会を開催しました。

勉強会の中身は、過日開催された議会運営委員会並びに代表者会議でそれぞれ協議された内容について報告。12月定例会に提出された議案についての勉強など。

 午後7時より海南保健福祉センターにて党・支部大会を開催しました。

 ご審議頂きました2006年活動報告(案)、2007年度運動方針(案)はいずれも承認、可決頂きました。

 採決に先立ち、議案に対する質疑応答の中で、私の地元地区のT氏より、海南市における若年者の雇用対策としての「企業誘致」について、これまでの経過および今後の取り組みについての質問を受け、私から、インテリジェントパークの開発からこれまでの経過について及び、現在、開発公社がもっている土地の活用方法について、どんな議論が交わされているのか、例えば、市民病院の建て替え、中学校の統合による新校舎建設予定地、さらには民有地であるジャスコ跡地がどうなって行くのか、などなど未だ結論を得られていない種々の問題を抱える中で、市民の皆様にとっての最善の策を探りながら、また、そのためには皆様方からのご意見をしっかりと伺う中で、今後の対応をしっかりと判断していきたいとの旨で答弁させていただきました。

写真は、T氏の質問と、私の答弁の様子です。

会場の照明の特性上、写真うつりが良くありませんが、ご容赦願います。

 この夏、ある方からご相談を受け、これまで無料の耐震診断を受けても、改修に対して一部補助が受けられる「海南市きのくに木造住宅耐震改修事業」はその翌年以降からでなければ受けられなかった制度でしたが、一刻も早く改修を行いたい方の代弁者として、担当課と膝詰めで交渉した結果、申込み枠に空きがある場合など条件が揃えば、当該年度から申し込める様、制度の改善が実現しました。

 このことは、すでに本HPにも掲載し、また、現在、訪問対話運動でお渡ししているニュースレターでも紹介させて頂いていますが、このたび、公明新聞の木村記者より、12月9日付け関西版に掲載する記事の(都合により掲載日が変更になる場合もあります)取材の申込みがあり、はじめに相談頂いた方のお宅にも訪問させていただいて、写真撮影を含めた取材を受けました。

 公明新聞をご購読いただいています皆様方には、近々記事が載りますので、ぜひご一読下さい。

 海南市および紀美野町の議連役員による県への要望活動のため、午前10時30分、海南市議会のマイクロバスにて市役所を出発、11時過ぎから、県知事、副知事、知事室長、会計責任者、県の関係部課長への要望活動および懇談。

 陳情項目は、海南海草地域で重要な以下の3点について。

 (1)国道等の整備促進とこれに伴うバイパスの早期新設改良整備について (2)地元負担金の軽減について (3)海南海草にかかる県行政事務所の管内への誘致について

 道路整備、県行政事務所の件に関して、仁阪知事の前向きなお考えも含めたお話を伺え、我々も、地元でさらに努力すべき点では、頑張って参りたい。

午前10時より、やすらぎ園会議室に於いて、10月度の監査を行いました

午後からは、市役所にて、市民相談の処理や、事務手続きの処理を行いました

午前10時より午後4時までの間、海南市並びに紀美野町の合計8箇所で街頭演説会を開催いたしました。

海南市の前山進一議員・浴寿美議員と私、及び紀美野町の前村勲議員の合計4名にて開催。

午後からの5箇所には、公明党和歌山県本部代表:西博義衆議院議員にも同行して頂きました。

各議員が、それぞれ担当地域において、公明党の政策を訴え、私は、公明党が連立合意でも主張して取り組んできた、「児童扶養手当の一部削減の凍結」について、公明党の強い主張により、実質的には無期限とも言える凍結の運びとなっている事を強く訴えました。

西代表からは、街頭演説の場所にあわせ、青年の雇用問題、政治と金の問題、医師不足・救急医療の問題、後期高齢者医療費負担の問題、農林業問題、などなど幅広い視点で、党の政策を訴えられました。

私たち公明党議員団は、これからも、現場第一主義で、皆様方の声に耳を傾け、ネットワークを活かし、県、国へと繋いで、政策を実現して参ります。

今後とも、更なるご支持・ご支援を、宜しくお願い申し上げます。

午後1時30分よりビッグ愛にて開催されました、公明党和歌山県本部代表者会議に出席いたしました。

2007年活動報告(案)並びに2008年運動方針(案)が提出され、いずれも原案通り承認、可決されました。

西代表からは、現在のねじれ国会における与野党の攻防戦について、特に新テロ特別措置法の問題について、また、農業、特に後継者がいない過疎集落における問題などについてお話がありました。

常在戦場の精神で、すべての戦いに勝利して行くとの決意を固め、県本部一丸となって団結していく事を決意しました。

午後2時より市内の養護老人ホーム「白寿荘」への慰問活動を行いました。

レインボークラブに協力して頂いたボランティアグループ「野の花」の方々の歌、踊り、そして下津町のKさん親子(姑・嫁)によるマジック、前山議員夫人らが習っている太極拳、レインボークラブによるオリジナル体操などを行い、あっという間に1時間が過ぎました。

最後に挨拶をさせていただきましたが、楽しかった、また来年も会いたいと言ってくれた方がほとんどで、大変うれしく思いました。

11月19日は県選出の衆参国会議員の議員会館の各部屋並びに国土交通省を訪ね、早期改修等についての要望活動を行いました。

20日には神奈川県の厚木市を訪問し、市の道路改修等の取り組みについて勉強をさせていただきました。