バックナンバー: 2007年 7月 31日

 党声明 

結果を真摯に受け止め捲土重来期す
猛暑の中、献身的なご支援に感謝

一、第21回参議院通常選挙において、わが党は、必勝を期し、善戦、健闘したものの、比例区7、選挙区2、合計9人の当選にとどまるという誠に残念な結果となりました。

 

 極めて厳しい選挙情勢の中で奮闘してくださった全国の党員・支持者の皆さま、とりわけ連日の猛暑のなか血のにじむような献身的な真心からのご支援をしてくださった創価学会員の皆さまに、心から厚く感謝申し上げます。

 

 惜敗した3選挙区では、埼玉が前回比8万4000票増、神奈川が前々回比3万1000票増、愛知が前々回比8万7000票増と、いずれも大幅得票増・過去最高得票を獲得したものの、議席に結びつけることができませんでした。

 

 与党への逆風をはね返すだけの党自身の力量がいま一歩足りなかったと言わざるを得ません。本当に申し訳なく、心からおわび申し上げます。

 

一、今回の選挙戦で、わが党は、「未来に責任を持つ政治」を実現していくための具体策を盛り込んだ政策綱領「マニフェスト2007」を提示し、支持を訴えてまいりました。わが党に寄せられた有権者の皆さまのご期待におこたえするため、お約束した政策の実現に全力で取り組んでまいります。

 

 今回の選挙結果を真摯に受け止め、「次は必ず勝つ」との新たな決意で捲土重来を期してまいります。

 

 公明党に対する国民の皆さまの一層のご支援を心からお願い申し上げます。

 

2007年7月30日 公明党