バックナンバー: 2007年 6月 26日

県教育委員会による地元説明会が紀美野町中央公民館にて19時より開催され、東海南中学校のPTA本部役員の皆様方と出席いたしました。

保護者や地元関係者から、特に、歴史と伝統ある地域の学校を廃止しないでと、存続を願う声が多く寄せられました。

もう1点、実は、今回の開催に当たっての連絡には、十分な時間、余裕があったことではなく、先週金曜日の午後に、県の教育委員会から連絡を受けた市の教育委員会を通して、各学校に連絡が有ったもので、私たちの東海南中学校では、午前中にその情報をキャッチして、全保護者への連絡のためのプリント配布をすることができましたが、他の学校では、それでは間に合わないので、緊急に、電話連絡などが行われたところもあるようです。

 当日を迎えるまで、あまり時間が無い中にあって、たくさんの方が出席され、特に、存続を求める意見が、多く寄せられた事に対して、説明にきた県教育員会の担当者も大変驚いていたように感じます。

 最前列に座っていましたので、閉会後、振りかえって、帰る方を見た感じでは、300人ぐらいの出席はあったように思います。

 また、多くの意見が出され、予定終了時刻の21時を30分もオーバーしての閉会となりました。