バックナンバー: 2007年 6月 23日

会期は7月11日までの20日間

一般質問は以下の4項目について通告を済ませました。

通告文より少し詳しく質問の要旨をまとめましたので、ここに掲載いたします。

児童扶養手当の減額について

 

来年4月からの減額について本年4月の市報に掲載され、詳細を問い合わせるも不明であったことから今回質問することとした

 

    市報4月号への掲載後に寄せられた問い合わせ内容と問い合わせ数、詳細不明の状態で担当課はどう対応したか

    現在の児童扶養手当の受給者数は(受給額別人数と合計人数)

    現時点で、受給者のうち減額対象となる人数、減額される金額など、詳細が具体的に示せるようになったか、いつ示せるか

    詳細が具体的に示せる時期に合わせ、対象者に減額される金額などが直接通知されるか、されないか(私は通知すべきだと考える)万一、対象者本人に変更の具体的な内容が直前まで示されない場合、説明責任を果たしていないのではないか

    直接対象者に減額の条件が示されてから、一定の期間を置くか、段階的な減額とするなど、激減緩和の策が必要ではないか

 

公園、学校など公共施設の遊具の安全管理について

 

    点検対象となる遊具が漏れなくリスト化され管理されているか

    問題が見つかった場合の修理や撤去は的確か、また、それまでの間使用しないよう万全の対策ができているか

    5月・11月に実施している公園の定期点検を確認する

    学校・幼稚園・保育所の遊具の安全点検を確認する

 

防災行政無線による放送について

 

    気象庁の「緊急地震速報」の一般向け提供が10月から開始されるが、市の防災行政無線に連動させられるか

    児童の下校時刻に放送される教育委員会からのお知らせをもっとさわやかな声か音楽に変更するよう強く求める

    未だに聞こえ難いと指摘される地域があるが、調査されているか

 

公共交通機関と呼ばれる「路線バス事業」であるならば

 

    時代に即した時刻表や停留所の位置の見直しが必要ではないか