バックナンバー: 2007年 1月

 午前9時30分より第2委員会室に於いて、議会だより編集特別委員会を開催し、(12月議会の様子を掲載する)議会だより3月号の原稿検閲作業を行ないました。

 13時30分より市役所5階第1委員会室に於いて平成18年度海南市議会議員研修会が開催されました

 行政学、地方自治論を専門とされる中央大学教授で法学博士の佐々木信夫先生による「深刻化する財政危機」と題しての講演を受講いたしました。

 1.分権下の地方財政・・・分権で何が変わったか 2.中央と地方の財政関係・・・財政膨張を生むメカニズム 3.地方財政の構造改革・・・補助金改革・交付税改革・

 議会改革・議員改革・・・議会・議員がなにをすべきか、など、解りやすく解説をしていただきました。

 早速、先生の最新著書であります「自治体をどう変えるか」を事務局へ申込みました

 

 私の地元、中野上公民館で19時30分から開催の人権教育講演会に出席しました。

 講師の かずぅさんこと吉田和弘氏は、アジア諸国、日本全国を旅し、広い地域から様々なものを目にし、人に触れての体験を、ギター演奏と歌を取り入れながら語ってくれた大変楽しい1時間半の講演でした。現在はお隣の紀美野町にお住まいで、自然農法を取り入れた米作りをしながらライブ活動もされているアーティストです。

 地元の区長さんや民生委員さんなどが中心に参加されていましたが、もっともっと若い方たちもたくさん参加されれば良かったのにと、つくづく感じました。

午前10時よりやすらぎ園会議室に於いて11月度・12月月度の監査を行ないました

 

 海南保健福祉センターにおいて19時より党支部会を開催いたしました。

 大野地区のMさんによる「公明新聞を読んで」の発表で、「普段はあまり読まないけれど、発表のために読んだら、とても勉強になったわ」との発表に会場内は大爆笑、何面もの記事を紹介され感想も述べられ、とても印象に残る感動的な内容でした。

1月度恒例のビンゴゲームも皆さんに楽しんでいただけたようです。

午後1時30分より海南市保健福祉センターにて開催の第4回海南市障害者基本計画・障害者福祉計画策定委員会に出席いたしました。

 まず、海南市障害者基本計画の素案について当策定委員会において前回までに出された意見・要望に対して、その趣旨を踏まえ修正する点や、検討の結果修正しないこととなった点についても、市の考え方がはっきりと示されたうえで、「海南市障害者基本計画」についての当策定委員会での審議は完結いたしました。当策定委員会がスタートした際のスケジュールよりも遅れているにもかかわらず、これまでの委員会において各委員から出された多くの意見を、充分に取り入れようとする市の姿勢を感じ、評価したいと思いました。

 さらに、海南市障害福祉計画(第1期)の素案についての審議が始まりました。国の基本指針に基づいて、平成23年度における数値目標の設定や、各年度における指定障害福祉サービス、指定相談支援の種類ごとの必要な量の見込みや達成のための方策などを織り込む必要があります。これについては今回から審議を始めましたが、次回の策定委員会にて完結・確定されます。

午後2時より海南市防災センターにて開催の第7回海南市総合計画審議会に出席しました。

午後6時30分よりアバローム紀の国にて公明党和歌山県本部「新春年賀会」が開催され、私たち議員は主催者側役員として来場のお客様をお出迎え、またお見送りをさせていただく役員として出席いたしました。

北側幹事長、山本かなえ参議院議員、浮島ともこ参議院議員も出席されましたが、私は会場内に入ってませんので、デイリーニュースをお読みください

 午後1時10分より、県立貴志川高校体育館にて、夜回り先生(水谷修先生)の講演会が開催され、保護者として参加しました。テレビや新聞、書物等での先生のご活動を通してこれまでも色々勉強させていただきましたが、本日改めてご本人の体験を通してのお話を伺う中で、感動の余り涙が出てまいりました。

 家庭をはじめ地域の全ての子どもを、我が子のように私たち大人が接していく必要があると思いました。

 先生は先日怪我をなされたそうで余り体調が優れないようでしたので、どうかお体を大切にと祈る思いが致します。

 講演会の写真撮影は出来ませんでしたので、せめて入場整理券だけでもご紹介いたします。

 午前8時30分より日方小学校運動場にて行なわれました開会式に出席し、市役所前の9時25分と9時30分のスタートを応援させていただきました

 参加チームは160チームで107名の監督・1016名の選手とのことでした