バックナンバー: 2006年 12月

午後2時〜海南市防災センター・3階にて第6回海南市総合計画審議会が開催され、出席いたしました。

 開会後最初に、前回の審議会において問題が指摘され、その後の海南市議会・12月定例会及び海南市議会・全員協議会でも質問等があった教育委員会によるアンケート調査の件について、教育長からも説明及び謝罪がありました。

 第1次海南市総合計画基本計画体系(案)について前回各委員から発言のあった点について、今回変更した点などの説明を受け、その後、委員からの質疑に対して当局による応答という形式で会議が進められました。

 目標とすべき成果指標と、実施する市民アンケートの内容についてはスケジュールの逆算からしても本日決定すべきであったため、18時前までかけて必要な事項については決定いたしました。

 総合計画 基本計画の素案については今回審議する時間が得られなかったため、次回審議会にて審議されることとなりました。

 委員の発言を重視して頂いている反面、前回と今回で大きく根幹の部分が変更されて提案されている点が気になったので、指摘をさせて頂きました。

 午前10時開始の公明党公認・御坊市議会議員選挙予定候補・山本なおはる氏の後援会事務所開きに、県下の公明党各議員とともに海南市の3名の議員も駆けつけました。

 私ども公明党和歌山県本部にとって、明年春の統一地方選挙、夏の参議院選挙の前哨戦となります1月の御坊市議選挙。年末年始を返上しての地元同志の皆様方の後援会活動に感謝し、我々県下議員も一丸となって闘ってまいります。

 午後1時30分より、和歌山県民文化会館にて開催されました第5回クリスマスチャリティーバレエコンサート・・・和歌山シティ・バレエ版<クララの夢>くるみ割り人形より・・

 今年は、家内・長男の3人で鑑賞させていただき、チャリティー募金にも協力させていただきました。

 尚、カメラ・ビデオ等の撮影禁止であったため、写真でお伝えできないのが残念です。

12月定例会の内容を掲載する「海南市議会だより」の編集のため、当委員会を開催し、掲載をする一般質問等の選定、誰が誰の編集をするかなどを決定いたしました。

 午後1時30分より海南市保健福祉センターにおいて、第3回海南市障害者基本計画・障害福祉計画策定委員会会議が開催され、出席をしました。

 議題である障害者基本計画「素案」について、各委員からたくさんの意見が出される中で、担当部長からは、最終結論は庁内で決定するが、当委員会で出された意見を次回の庁内会議で発表し協議した上で出された最終結論について、次回の当委員会へも報告する旨のお話がありました。

 私も会議の中でその対応がなければ、当局を糾す考えでいましたので、むしろ、予定より遅くなっている中でも、市当局として当委員会に対して誠実に対応していることの一つの表れであると、評価いたしました。

12月定例会に提出された議案は全て原案通り可決され、閉会しました。

終了後、全員協議会が開催され、「議会運営委員会について」など数件の議題について研鑽並びに協議が行なわれました。

19時より海南市保健福祉センターにおいて、支部会を開催しました。

浴議員による活動報告、党員さんによる公明新聞のコーナー、桝田支部顧問による「法テラス」についての政治学習などの他、今回は特別に第2部として、アマチュアマジシャンによるマジックショーも開催され、楽しい支部会となりました。

 本会議から付託された議案審議のため、午前9時30分より、第1委員会室において教育厚生委員会が開催され、請願並びに各議案について慎重に審議・審査を行ないました。

 午前11時から創価学会和歌山文化会館で開催されました「12月度の大樹会総会」に出席。12時30分から党・県本部にて開催の12月度議員総会に出席しました。

 平成15年の初当選以来、毎定例会で欠かさず一般質問を行なって参りました。今12月定例会で通算15回目の登壇となりました。

 今回の質問の主な内容は、1点目は「自転車事故防止と運転マナーの向上を目指して」の質問で、平成16年12月議会でも、小学生の交通安全教室の実施に併せて「自転車運転免許証」の交付事業を求めてきましたが、教育委員会として積極的に実施する考えは示されなかったので、今回あらためて本市教育委員会が主体となって、「自転車運転免許証」の交付事業実施に向けた取り組みを求めました。

 それに対して、今回は教育委員会から、各小学校に提案、推進して参りたいとの答弁を引き出すことが出来、一歩前進いたしました。さらに早期実現に向け、取り組んで参りたいと思います。

 また、2点目の質問では、「文化、芸術活動の普及・推進について」の質問として、小学校で本物の芸術家と触れ合う「特別授業」の実施について質問したところ、教育委員会からの答弁では、すでに本市で取り組んでいる小学校での事例を示されました。

 私は、教育委員会が示された、これまで取り組まれてきた特別授業等の内容については評価をさせていただきましたが、(全ての学校で実施されているわけではないので)今後もさらに推進して頂きたいと提言をいたしました。