バックナンバー: 2006年 11月

 11月7日午前7時58分海南駅発の特急くろしお4号にて出発、午後1時30分から、衆議院第1議員会館の西議員、谷本議員、衆議院第2議員会館の石田議員、二階議員、参議院議員会館の世耕議員、鶴保議員、大江議員、以上7人の和歌山県選出の国会議員の各部屋を訪ねて国道424号海南有田川間改修促進協議会の要望活動を、その後国土交通省の各担当への要望活動を行いました。

 尚、衆議院本会議中のため衆議院議員にはお会いできませんでしたが、世耕参議院議員には首相官邸にて要望を聞いて頂きました。大江参議院議員および我が公明党・西博義衆議院議員・東京事務所の笠間秘書は私たちの国土交通省への要望活動に同行をして頂きました。ありがとうございました。 

 ※国道424号の改修促進には私たち海南有田川間と日高川町美山〜有田川町金屋間の改修促進協議会とが協力しての合同の要望活動を行い、懇親会でも、各首長はじめ、顧問の県会議員、そして各市町の議会議員らが今後も益々協力をし一刻も早い改修実施に向けがんばろうと決意しあいました。

 ※8日午前中は信濃町の学会本部を訪問し、午後はかつて勤めていた企業の東京営業所を訪問しました。

 (1)平成18年海南市文化表彰式に於いて小川泰弘氏が文化賞を受賞されました。誠におめでとうございます。

 (2)13時30分より海南市役所第1委員会室に於いて、第2回海南市障害者基本計画・障害福祉計画策定委員会会議が開かれ、これに出席いたしました。

 (3)20時より、海南市保健福祉センターに於いて、公明党海南支部大会を開催しました                                                          

 (2)第2回海南市障害者基本計画・障害福祉計画策定委員会会議の中で、各団体から代表で出席されている委員の方々が発表される生の声を伺っていて感じたことですが、行政の側からみた捉え方・考え方と、当事者・現場からの見方・生の声との距離感のようなものを感じながら、私自身改めて認識を変えたことや、勉強になることがたくさんありました。今後もさらに研鑽をして会議に臨んでまいりたい・・・と改めて決意しました。

 (3)議案作成から資料の印刷等、事前準備も万端にこの日を迎え、第2号議案2007年運動方針案の趣旨説明を行い、また、国道370号・阪井バイパスの整備促進状況についての質問には私から答弁をさせていただきました。