バックナンバー: 2006年 8月

 午前10時より海南海草環境衛生センターにて平成18年度海南・海草議会議員連絡協議会総会が開催され、平成17年度当協議会の会計決算、平成18年度運動方針、平成18年度会計予算、会則の一部改正等について審議、承認されました。

 午後1時30分より海南保健福祉センターに於いて第1回海南市障害者基本計画・障害者福祉計画策定委員会が開催され、障害者基本計画・障害者福祉計画策定に係るスケジュールや、障害者自立支援法の概要等の説明ならびに質疑応答が行なわれました。

 8月28日(月)は佐賀県佐賀市を訪問し「小中一貫教育について」説明を伺ったあと質疑応答という形式で研修をさせて頂きました。また29日(火)には山口県周南市を訪問し、市役所で「子育て交流センターについて」の概要説明を伺い、その後、運営している「ぞうさんの家」まで案内して頂いて、運営実態を見学させて頂き、利用されている保護者の方の生の声を伺うことが出来ました。

 周南市の特徴として転勤で転入転出される方が多いそうで、各地を回られ色んな街での生活を経験された保護者の方が、この地の子育て支援策には大変満足されているとのご説明を伺いましたが、実際に保護者の方々に生の声を伺い、子育ての面では非常に満足度の高い評価を得ていると、感心いたしました。今回の視察で得た情報を海南市でも活用できるよう、しっかりと報告・提案をして参りたい。

午前9時30分より市役所第2委員会室に於いて、国道(42号・370号)対策特別委員会が開催され、国道42号及び国道370号の渋滞解消と安全対策について、当局からの報告並びに委員から質問形式で会議が進められました。

 尚、本日、他の2つの特別委員会も開催され、前山進一議員(支部長)、浴寿美議員もそれぞれの委員会に出席されていました。

午前9時30分より議会便り編集特別委員会を開催し、9月1日付けで発行する「市議会だよりかいなん」(6月定例会の内容を掲載分)について、前回各委員及び事務局で割り当てた一般質問や委員会の概要等の原稿の検閲作業等を行ないました。

海南保健福祉センター2階ホールにて、午後6時から8時まで、海南市教育委員会並びに(社)和歌山県体育協会主催の講演会及びシンポジウムが開催されました。

(1)子どもたちによる南中ソーラン披露によるオープニング

(2)和歌山大学教育学部教授本山貢先生による講演「今、子どもの体力が危ない!」

(3)シンポジウム「体力向上と総合型地域スポーツクラブ」☆コーディネーターは本山貢先生☆パネリストは松田雅彦氏(大阪大学付属高等学校平野校舎教諭)・菅井繁實氏(和歌山県体育協会クラブ育成マネージャー)・小西保行氏(ゆうゆうスポーツクラブ海南マネージャー)・瀬川禛彦氏(下津スポーツクラブマネージャー)

講演では県下の小中学生が年々体力が低下していること、また全国平均より低いことが数値やグラフで示され様々な今後の課題をお話いただき、シンポジウムでは各総合型地域スポーツクラブの現状と今後の課題が示されました

午後2時から海南市防災センター3階研修室において第4回海南市総合計画審議会が開催されました

4回目となる今回の会議の議事は、 (1)これまで審議されてきた海南市総合計画基本構想(案)についての最終確認 (2)答申書(案)について (3)基本構想からさらに具体的な基本計画を策定していくための今後のスケジュール等