公明党広報局
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

門真第七中学校で第41回入学式が行われました。新入生は、120名3クラスです。学校長の式辞で「校訓である有言実行を貫こう。自分自身を大切に。友達の心を大切に。授業を大切に」と贈りました。

閉会の後、生徒会主催でギターマンドリンクラブの歓迎演奏。クラブアピールがあり、和やかな空気に包まれました。

校門の近くで新入生の記念撮影が葉桜をバックに行われました。

心体共に大きく成長し、人生の選択もしなければいけない3年間。充実した中学時代にして下さい。

1

沖小学校で第49回入学式が行われ、56名が新1年生になりました。校長先生のお祝いの言葉で新1年生に対し「元気な子になろう・やさしい子になろう・考える子になろう」と呼びかけました。 新2年生から新入生に対し、歓迎の言葉と歌が披露され、新1年生が全身で注目しているのが印象的でした。 また、担任の先生が紹介されると子ども達も表情が変わり、希望と期待に溢れているようでした。 これからも地域の一員としてしっかりと見守っていきたいと感じました。

2018-04-05 10.54.11

市立砂子みなみこども園が開園しました。

式典では、園児と共にくす玉開披を行いました。

2月の内覧では、まだ、設備等がそろってなく実感がありませんでしたが、設備もそろい園児たちも集ってくると、近隣の雰囲気も変わってきました。

隣には、門真消防署南部出張所も完成し、6月には、門真団地第二期の入居が始まります。

また、隣接する北島東町には、大型物流倉庫や公園も設置され街並みが大きく変わっていくのが実感できます。

1

門真消防署南部出張所の完成披露式が行われました。当出張所は門真市南部の消防力アップを目指し、薭島出張所と千石出張所を統廃合しました。

地上三階建てで屋上には環境を考慮し緑化に取り組んでいます。

1

雪柳も満開でお祝いしているようでした。

2

パナソニックミュージアムを見学しました。

当ミュージアムは、松下幸之助の経営観や人生観に触れられる「松下幸之助歴史館」、パナソニックのものづくりのDNAを探る「ものづくりイズム館」、松下幸之助の門真旧宅がある「さくら広場」で構成されています。創業100年の間の数々の家電製品が展示されていて大変に懐かしい展示があり、歴史の深さを感じました。

本年3月9日より一般公開され、松下幸之助の生き方や、考え方を学んだり、ものづくりの面白さに触れるプログラムなどがあります。

2018-03-23 15.03.14

市立沖小学校で第47回卒業式が行われ、46名が卒業しました。

一人一人名前を呼ばれ、校長先生から卒業証書が手渡されました。

校長先生から「目標と継続の心をしっかり持って、感謝の気持ちを忘れないように」とお祝いの言葉がありました

在校生の5年生から卒業生に対し贈ることばと歌が贈られ、卒業生からは、決意を込めた門出のことばが披露されました。PTAから卒業証書ホルダーと替え消しゴムが贈られ、卒業制作として運動場に花壇を作ったそうです。

IMG_1822

文教こども常任委員会が開催され、質疑を行いました。

主な質疑応答は以下の通りです。

IMG_0025

(一般会計予算)

  • 二島小学校トイレ改修実施設計委託料について

問、トイレ改修について二島小学校を選定された理由と改修工事内容は?

答、トイレの老朽化が進み、抜本的な改修が必要な学校として優先的に選定した。改修内容は校舎内の1棟の配管も含め全面的に改修し、洋式化も行う。

問、他の学校トイレの改修は?

答、学校や保護者から要望がある。今後、国の交付金を活用しながら洋式を含めた学校トイレの改修を進める。

  • 放課後児童クラブ運営事業について

問、放課後児童クラブの業務内容は?

答、発達状況に応じた自主性、社会性及び創造性の向上や生活習慣の確立を図るため、活動内容を企画。宿題の学習、スポーツ及び遊びの活動など行っている。

問、事故発生時の対応は?

答、状況を確認し、応急処置を行う。必要に応じ病院へ搬送する。保護者、市に速やかに報告することとしている。

問、委託業者の履行状況の確認は?

答、月別事業計画、クラブ日誌等を確認。担当者が定期的に各放課後児童クラブの巡回を行う。

問、保護者の要望や意見の対応は?

答、クラブ内で情況共有し適宜対応する。苦情等は窓口を設置し、必要な措置を講じ対応を市に報告。要望等は必要に応じ改善策を助言、指導する。保護者から対応の内容報告を求められれば、内容を回答する。

  • kadoma塾について

問、kadoma塾の参加生徒の声やエピソードは?

答、「熱心な授業で英語が好きになった」「苦手な英語が得意になった」などがあります。

問、30年度から2クラスになるが、効果や今後の方向性は?

答、多くの生徒の受け入れが可能で、学ぶ意欲を高める。夢がかなうことの喜びや、学ぶことの大切さが受け継がれていくような流れを作る。

  • 子どもの貧困対策事業(こども未来応援団)について

問、応援団員の状況は?

答、登録者目標600名に対し、現在685名が登録。「ケース会議」では、現在49ケースの事案に対応している。学校との連携では、ヒアリングを行い、早期かつ適切な対応を行っている。

問、応援団員が連携を取ることが大事だと思うが?

答、門真第四中学校では、「門真第四中学校子どもの未来応援団連絡会」が設立され、子どもを見守る気運が高まっている。

問、本年7月で府の委託が終了するが、その後の事業の方向性は?

答、委託終了後も事業を継続実施し、応援団員の確保や連携強化、スキルアップを図る。

  • 学校安全推進事業(通学路)について

問、安全な通学路の現状と取り組みは?

答、小学校では交通安全教室。中学校では交通安全講和を実施。各校において学校安全計画を策定し交通専従員を38名配置。3年毎に各小学校の通学路の合同点検を実施している。

問、交通専従員の配置箇所の選定や時間帯は?

答、配置箇所は児童の登校状況、巡回状況で把握した、交通量が多い危険個所に配置。配置時間は、朝の登校時1時間、下校時2時間の3時間。

問、事故が起こった時の責任の所在は?

答、加害者が被害者に対し補償する。交通専従員が原因のケガ等については、シルバー人材センターが加入する団体保険で対応する。

門真市立の全中学校で卒業式が行われました。 門真第七中学校では第39回卒業式で143名が卒業しました。 朝から晴れ晴れとした天気で卒業生を祝福しているようでした。 第一部の卒業証書授与式では、卒業証書を一人一人に厳粛に学校長より手渡されました。

2018-03-14 11.26.50

第二部のお別れ会では、在校生から贈る言葉と「時を越えて」の歌、卒業生から別れの言葉と「絆」の歌がそれそれ歌われ、最後に在校生と卒業生が一緒に「さよならと言おう」を見事なハーモニーで合唱し、素晴らしい卒業式でした。

2018-03-14 11.27.26

本年4月に開園する市立砂子みなみこども園の内覧会に参加しました。2階建てで床や収納ボックスが木目調で大変にやさしい作りとなっています。

2階にある遊戯室は、他の部屋の3倍の高さがあり、上部の窓から日差しが入り明るい作りになっています。各組もそれぞれ0歳児から5歳児までさくら、もも、しろ、あお、あか、きいろの色で分けられています。

午前、午後の延長保育も可能で定員260名でオープンします。

2018-02-21 14.58.27

公明党の「ギモンにズバッと一問一答」が始まりました。

第一回は、2018年の抱負を石川ひろたか参院議員が語ります。