公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

門真市内数か所で終戦記念街頭演説を行いました。

2019-08-16 17.03.16

8月15日は74回目の終戦記念日です。

先の大戦で犠牲となられました内外すべての方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、ご遺族並びに今なお深い傷痕に苦しむ皆様に心からお見舞いを申し上げます。

この令和最初の終戦記念日は先の大戦や過去の歴史を振り返りながら、平和と安定の時代にするため、多大な損害を与えた戦争を深く反省し、戦後は不戦と平和への貢献を掲げて努力することを誓う日です。

かつて日本は、軍国主義によって植民地支配と侵略を進め、多くの人々、とりわけアジア・太平洋地域の人々に耐えがたい苦しみと損害をもたらしました。この事実から目を背けることはできません。私たちは、この不幸な歴史を今一度見つめ直し、二度とこのような悲劇を繰り返さないことを誓い、心を新たにして、世界から平和国家として信頼されるよう、日本国憲法の平和主義を堅持しなければなりません。

昨今、憲法改正の話題が上がりますが、憲法の三原則である、国民主権、恒久平和主義、基本的人権の尊重を堅持することが肝要であり、日本国憲法制定後70年以上が経過する中で、憲法改正の議論は慎重にしなければなりません。

公明党は、現憲法の三原則をしっかりと堅持しつつ、時代に合わせた必要な事項を加えていく加憲を主張しています。

いずれにしても、慎重かつ丁寧な議論を尽くし、多くの国民の賛同を得なければなりません。

公明党は、今後とも平和について真剣に考えてまいります。

コメントは受付けていません。