公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2019年 2月

ルミエールホールで第8回門真市中学生プレゼンテーションコンテストが開催されました。

今回は応募者数570人で二次審査を経て17人が発表し、本番発表まで4回の事前研修を行いました。

プレゼンテーション前に海外研修先のアデレード市の副校長とSkypeでコミュニケーションを取りました。副学長から「今まで7年間研修生を受け入れてきた。今回も楽しみです」と期待と歓迎の言葉がありました。

2019-02-24 13.19.31

最後まで参加できませんでしたが、それぞれが発表後の英語の質問もしっかりと受け答えができているようで、頼もしく感じました。

当コンテストが益々発展するよう期待しています。

第26回消防技術錬成大会が守口市門真市消防本部屋外訓練場で行われました。

2019-02-15 15.11.58

防火造2階建て住宅1階部分から出火し、1,2階の窓から炎と黒煙が噴出している想定です。門真市守口市の中隊が交互に4回訓練を行いました。

本日は大変に寒い日でしたが、消防隊員の真剣な姿に頼もしさと感謝の念が沸々と湧いてきました。

以前の消防ホースはφ60mmでしたが、最近は軽量化を勘案しφ40㎜に変わってきているそうです。

昔に比べ火災も減少し若い消防職員が増えてきたため、経験を積むため訓練が重要になってきます。

市民の生命と財産を守るため頑張っていただき本当にありがとうございます。

2月14日~19日まで門真市立リサイクルセンターで「かどまエコアート2019」が行われます。

門真市内から出た一般家庭や事業所からの廃棄物を利用して様々なリサイクル作品が展示されています。4階の入り口にはハンガーで作られた「パンダ」が出迎えてくれます。

1

5階では、段ボールを利用した作品や新聞紙で巨大竜などの作品、市内の各小学校生のごみやリサイクルに関するエコアートポスターも展示されています。

32

4

2月17日には、第5回かどまエコフェスティバルも行われ、エコやリサイクルに関心を深め、問題意識を高めたいと思います。

第39回河北市議会議員合同研修会が守口市役所で開催されました。

2019-02-04 13.48.45

「防災・減災に向けての議会の役割について」の演題で危機管理アドバイザーの国崎信江氏が講演されました。

国崎氏は2016年4月に発生した熊本地震で被害を受けた益城町の支援などに尽力されました。「災害時では、究極の選択の連続であり、絶対正しい道を選ぶのは難しい。今までの災害の経験と知識の蓄積が大切である。また、避難所になる体育館などの非構造部材の耐震化が大切であり、日常生活を行う上で下水道の整備が重要。女性の視点も大切である」など訴えられ、大変に参考になりました。

いつ来るかわからない災害に対し、行政や市民の意識と準備が大切だと痛感しました。