公明党広報局
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2014年 9月

本日、沖小学校と五月田小学校で運動会が開催され、見学してきました。

沖小学校は「団結」・五月田小学校は「絆をひとつにがんばろう五月田」のスローガンを掲げ、楽しそうに演目に取り組んでいました。

本当に良い天気に恵まれ気持ちの良い一日でした。

五月田小学校は、今年度で大規模改造工事も終了し、沖小学校は今年度実施設計に入っています。

未来を担う子ども達が健やかに育つよう願っています。

本日、第三回定例会で一般質問をさせて頂きました。

質疑応答の内容は、以下の通りです。(主旨)

◎ワンセグラジオの要望について

問、障がい者など日常生活支援のため用具を給付または、貸与される項目に視覚障がい者支援のため、ワンセグラジオを入れるべきと考えますが、市の見解は?

また、要望が届いているのか?

答、本市視力支援協会から強く要望を受けている。本市では、視覚障がいのある2級以上が約230人おられ、日常生活用具の情報・意思疎通支援用具として、給付対象に加えられるよう検討していく。

◎音響付信号機の設置について

問、音響付信号機の要望や点字ブロック敷設の要望と対応は?

答、音響付信号機の設置要望は、国道163号打越交差点に点字ブロックの敷設と共に聞いている。また、中央環状線松葉町、松葉町西交差点で音響付信号機の要望を聞いている。門真警察署並びに大阪国道事務所に要望を伝えている。

◎エスコートゾーンの敷設について

問、国道など距離の長い横断歩道に横断歩道上の点字ブロックであるエスコートゾーンを敷設すべきだと考えるが、市の見解は?

答、点字ブロック、エスコートゾーンの設置は、視覚障がい者の安全・安心で快適に暮らせるまちづくりに寄与する有効な施設であることから、各関係機関と協議、調整を図り、設置に向けて働きかけてまいります。

◎読書通帳の導入について

問、建設予定の生涯学習複合施設の図書館施設に読書通帳を導入すべきだと考えますが、市の見解は?

答、読書通帳は読書意欲促進に有効であると認識している。他市では、新図書館の新設時に導入している場合が多い。自動貸し出し機の調査も含め子どもの読書活動を推進するため、調査研究を進める。

◎幣原喜重郎資料館について

問、建設予定の生涯学習複合施設の図書館施設に幣原喜重郎資料館を常設展示してはどうか?

答、幣原喜重郎は、門真市出自の偉人の一人であると認識している。図書部門と連携しながら展示ギャラリーや学習室を活用し、同氏の展示会や歴史講座の開催など検討を進める。

9月24日、市政報告会を開催しました。

9月議会の一般質問や6月に行った公明党大阪府本部の「自転車安全利用に関するアンケート」結果について報告しました。府下8万475人から回答を得ることができ、自転車傷害保険の加入の有無などを調査しました。

このうち自転車傷害保険に加入しているのは30.1%で、未加入の人は、66.9%。未加入の理由として「保険について知らない」と答えた人が58.9%と一番多い結果となりました。

近年、自転車の高性能化で速度がでるタイプも多く走行しており、安全対策や保険加入など大切になってきていると感じました。

本日、文教常任委員会が行われ、委員会に付託された8議案を慎重に審議いたしました。

所管質問では、公明党の高橋委員が、昨日大阪府から報道があった乳幼児医療費助成の補助枠拡大について質問をしました。確実な財源確保の上、永続的な拡充ができるよう注視していきたいと思います。

本日、門真市役所正面前の点字ブロックの補修が行われました。

補修か所は、車、自転車、歩行者が横断するため、柔らかい樹脂製のブロックが敷設されました。

点字ブロックは、2種類あり方向を示す線状タイプと段差や交差点など注意を促す格子状タイプがあります。

本日、守口市門真市消防組合消防本部で第56回自衛消防隊研修大会が行われました。両市の市役所や民間企業が参加し、青空のもと元気いっぱいに競技が実施されました。第1部競技では、水消火器リレー。第2部では、屋内消火栓操作法競技が行われました。

競技を見学し、消火器具など使い方を学ぶ機会も大切だと感じました。

本日、市役所で門真市美しいまちづくり推進協議会で「門真団地クリーンクラブ」が会長表彰を受けました。当クラブは、平成14年に門真市に美化活動団体登録をされ、門真団地バス停周辺の清掃を週1回10年以上続けて来られました。
今まで続けて来られた皆さん、本当におめでとうございます。

Facebookで投稿させて頂きました。!

 

本日、地域自治会で「語る会」を開催しました。

私からは、一般質問で取り上げた「北島町水路の活用」など報告しました。後藤府議から大阪都構想の進捗状況や公明党の考え方を報告。伊佐衆議院議員から、中国訪問の報告と軽減税率へ向けて、公明党の取組みの話がありました。

最後の質問コーナーでは、老後の生活の心配、安全保障、原発を含むエネルギー問題など多岐にわたりました。

本日、ルミエールホールで門真市敬老会が開催されました。長寿記念品が授与され、77歳の喜寿の方が1,488名、結婚50年を迎える金婚の方173組が対象になりました。対象者の皆さん、本当におめでとうございます。

 2部は参加できませんでしたが、音楽療法や漫談、一人漫才がありました。

 日本は、2025年に団塊の世代が75歳を向かえますが、皆さん、いつまでもお元気で歳を重ねられるよう願っています。