公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2013年 9月

本日の本会議で、一般質問が行われ7番目に登壇しました。

質疑は、以下の通りです。(主旨)

1、新公会計制度の導入について

問、新公会計制度を導入する意義、効果、必要性について

答、従来の現金主義会計は資産や負債の状況等を表現するには不向きである。新公会計制度は財務情報を開示し説明責任の履行と、資産・債務管理や予算編成等に有効に活用でき総務省でも導入の促進を図っている。本市として行財政の現状と課題を明確にするため必要なものであると認識している。

問、既に導入している大阪府との連携について

答、先行自治体である大阪府等との情報交換を図ることで、具体的な導入手順・活用方法、また、導入にあたっての実務的な課題に対する解決方策等の情報収集が可能になり、計画的な運用開始につながるものと考える。

問、導入に向けての職員研修について

答、会計処理体制の充実・強化を図る観点から、全職員のスキルアップが必要と認識している。導入時には十分な期間と習熟度を踏まえた職員研修を行う必要があると考える。

問、導入の課題について

答、国からの統一的な処理を要請された場合には、財務会計処理を行うため導入したシステムでの運用の可否、また、改修費用等のコスト面での問題も生じると懸念される。新制度導入等に係る人員の確保も一定必要と考える。

2、産業振興について

問、小規模企業支援と新たな分野の展開について

答、地域の発展には小規模企業の活性化が必要不可欠であると考える。国の新規施策及び市の既存施策などを活用して、企業が新たな分野への展開にチャレンジするための支援に努める

問、国・府の情報提供機関と本市の連携について

答、中小企業庁の「ミラサポ」の支援施策や支援情報を提供するサイトの紹介し支援する。情報提供機関は、制度設計中で動向を注視し中小企業サポートセンターと連携が取れるようにする。ものづくり補助金を活用し金融機関、中小企業サポートセンタ―、市役所による「門真モデル」の企業支援のスタイルで成果を出している。

問、カドマイスターについて

答、市内の卓越した技術や優れた製品等をもつ企業をカドマイスターと認定し企業間交流を目的としている。今後、PRに力を入れ、カドマイスターの発掘に力を入れる。

門真市内の様々な行事などをYouTubeを利用して動画発信していきます。

https://www.youtube.com/user/citykadoma

 

本会議に傍聴に来れない人にも、議会の模様が分かるように9月議会から動画配信していきます。ホームページの、「市議会」から入って下さい。

http://www.city.kadoma.osaka.jp/shigikai/

 

配信は、10月中旬ごろの予定です。

今日は、中秋の名月。

きれいなお月さんが出ていました。

地方によっては、枝豆や里芋をお供えし、秋の実りに感謝の意を込めるそうです。

そこから、「芋名月」と呼ぶ地域もあるそうです。

9月議会も9月17日から始まり、27日、30日には、一般質問も行われます。

今回から、市のホームページで録画配信されます。

市議会議員22名中19名が登壇の予定です。

10月中ごろから配信予定です。

本日、ルミエールホールで地域人権啓発活動活性化事業として、人権トーク&ライブ「家族の絆・親子の絆」と題し、シンガーソングライターの松本隆博さんの講演がありました。

あのダウンタウンの松本人志さんのお兄さんです。

参加前の印象は、「爆笑トーク」のイメージでしたが、自身の家族の絆を通し、「家族に感謝・親に感謝」の話や何度も東日本大震災後に被災地に入った活動を熱く語っていました。

年間200回の講演やライブを行い、全国高校、専門学校で「働くとは何か」と題して講演活動など行っているそうです。

大学卒業後40歳で脱サラし、現在に至っています。現在、大学で講義も行っており、今年で5年目になるそうです。

今後、本市での益々の啓発活動が大切だと感じました。

本年8月1日に門真市制施行50周年を迎えました。

その記念に2種類の切手シートを9月2日より発行します。

1シート¥1,200円(80円切手10枚分)販売枚数は、それぞれ1,000シートの限定販売です。

門真市内の各郵便局にて直接お買い求めください