公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2012年 12月

26日、第2次安倍内閣が発足し、組閣に先立ち自公党首会談で、今内閣は「危機突破内閣」として、景気・経済対策に力を入れるとともに、東日本大震災復興を加速されることを確認した。

公明党の経済産業部会と中小企業活性化対策本部(本部長=白浜副代表)は参院会館で中小企業対策について中小企業庁長官らと協議しました。白浜本部長は「公明党の強い主張で今年度補正予算の編成で、地域、中小企業に配慮する方針が盛り込まれたとし、中小企業支援策の議論を急ぐ」と強調しました。

本日、第4回定例会が行われ、各常任員会報告などの後、一般質問をさせて頂きました。

 

質疑応答は、以下の通りです。(主旨)

 

公共用地、公共物の有効利用について

問、青少年活動センター跡地の基本的な考え方は?

答、跡地利用については、良好なまちづくりに資することを目的としている。

問、地域住民からの要望はあるのか?

答、地域の方から児童公園の設置の要を頂いており、庁内において調整を行っている。

問、具体的な用地の活用は?

答、東側の道路を約6メートル拡幅し、南部分で地域高齢者交流サロンと一体的な公園用地として約500㎡を活用する。

        (斜線部分が公園予定地)

 

問、市立南保育園の移設後の跡地利用について

答、議員提案の貸し農園用地も含め、検討していく。

 

全国瞬時警報システム(J-アラート)などについて

問、防災情報通信基盤整備事業の活用について

答、現在の同報系防災無線やFMハナコ、エリアメールの活用と合わせて、国の動向を注視していく。

問、同報系防災無線の評価について

答、12月3日の全国一斉試験放送においては正常に作動したが、一部音声が聞き取りにくいなどの声も寄せられた。

問、自動音声応答サービスの導入について

答、現システムとの関係などの課題がある。先進市との状況等について調査研究していく。

問、緊急地震速報や緊急速報エリアメール導入の経緯について

答、平成23年9月にNTTドコモと平成24年2月にはKDDIとソフトバンクと契約した。現在携帯電話会社3社のサービスが利用可能となっている。

問、緊急地震速報や緊急速報エリアメール導入の内容について

答、緊急地震速報や自治体からの災害、避難情報などを配信エリア内の携帯電話に一斉配信するシステムで、同報系防災無線などの災害情報を得ることができなかった場合や聴力障がい者の方にも文字情報が届くなど、緊急情報発信の有効な手段である。

問、緊急地震速報や緊急速報エリアメール導入の周知について

答、本年4月号の広報かどまに掲載したが、市ホームページなどで引き続き周知に努める。

第46回衆議院選挙で公明党が躍進しました。

小選挙区で9議席、比例区で22議席の大躍進です。

公明党の政策である「防災・減災ニューディール」など日本再建に向け期待します。

http://www.komei.or.jp/news/detail/20121218_9865

いよいよ、本年の最後の本会議が20日に控えています。一般質問もさせて頂きます。

しっかりと頑張っていきます。

 

35年前に開通した山梨県の中央自動車笹子トンネルの天井崩落事故では、社会資本の老朽化問題の深刻さがあらためて浮き彫りになりました。

橋や道路などの国内の社会資本の多くは高度経済成長の時代に建設され、老朽化が進んでいます。

国民の命を守るため、全国で橋や道路などの安全を点検し、優先度の高いケースから予防的な修繕を行う必要があります。こうした予防保全こそ、公明党が提唱している「防災・減災ニューディール」の柱の一つです。

アニメで見る「防災・減災ニューディール」

http://www.youtube.com/watch?v=thsTaLWcRQI

http://isa41.net/

元祖マニフェストの提唱者である、北川 正恭元三重県知事が所長を務める早稲田大学マニフェスト研究所で「各政党マニフェストのできばえチェック表」を発表しました。

http://www.maniken.jp/pdf/2012shuin.pdf

 

大きく4項目の評価と総合評価です。

公明党は、2項目で1位。総合点では、66.50で堂々の1位でした。

総括コメントでは「一番有権者、読み手を意識された作りになっている。「こども・子育てマニフェスト50」は、こども重視を示した斬新な取り組み」と評価しています。

 

公明党の「こども・子育てマニフェスト50」

http://www.komeito.com/campaign/nipponsaiken/kodomokosodate/

http://isa41.net/

本日、午前9:49頃北朝鮮が人工衛星と称する弾道ミサイルを発射しました。

以下、公明党の声明です

121212北朝鮮ミサイル発射に対する党声明

古川橋駅南側の駐輪問題は以前から指摘されており、本年8月にサイクルラックの設置がなされ一定の効果が出ました。

しかし、視覚障がい者誘導用ブロック上に駐輪している場所もあり、私も障がい者団体から何度も要望をお聞きしていました。

それを受け、9月の第3回定例会の一般質問で、「古川橋駅南側の誘導ブロック上の駐輪対策」を質問しました。

理事者の答弁で「誘導ブロック上に自転車が放置されいるのは認識しており、誘導ブロックの敷設位置を再検討するなど、柔軟に対応する」と明言。今回それを受けて、「古川橋駅前広場 視覚障がい者誘導用ブロック改修工事」が行われることになりました。

工事期間は、12月11日午後10:00~12月12日午前5:00です。

具体的な場所は以下の通りです。

 

            (改修前)

 

             (改修後)

今後も様々なご要望を実現するため、全力で取り組んでいきます。

公明党の山口那津男代表は11日午前、日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の2号機原子炉建屋の直下を通る断層が活断層の可能性が高いとした原子力規制委員会の評価会合の判断について、「専門家の現地調査やいろいろな知見、議論を経ているわけだから、尊重すべきだ」と述べました。

 

アニメで見る「エネルギー政策」

http://www.youtube.com/watch?v=D89cd16B0s4&list=PLyiuHxytzT_injsqvFXuN1-C_AlZYbkNi&index=4

http://isa41.net/

 

公明党の山口代表は、消費増税について「大事なことは景気を回復させることだ。景気が悪くて増税が経済に悪影響を与えるのであれば、思いとどまる決断ができる。3党合意で社会保障と税の一体改革関連法を仕上げたのだから、3党は今後の課題も責任を持たなければならない」と述べました。

http://www.youtube.com/watch?v=WgFkgVYPm10&list=PLyiuHxytzT_injsqvFXuN1-C_AlZYbkNi&index=2

http://isa41.net/

今日から、第4回定例会が11日間の会期で始まりました。

衆院選挙のさなかですが、しっかりと取り組んでいきます。

数々の子育て支援策を提案、実現してきた「元祖・子育て支援党」である公明党が「こども・子育てマニフェスト50」を公開しています。

ここには、6テーマに分類し、50項目を掲載しています。

是非、ご覧ください。

http://www.komeito.com/campaign/nipponsaiken/kodomokosodate/

◎識者の声

児童文学作家・教育評論家

漆原 智良氏

「こどもたちの羅針盤」

政治は、子供にとっても身近なものでなければなりません。「学校・育児・防災・環境・経済などについて、子どもたちと一緒に考えた」と、公明党子どもマニフェストが発表されました。優しく解説され、難語句にルビが付き、敬体分(ですます調)でまとめられています。

切実な問題が、こうした形で目の前に差し出されると、今まで何気なく過ごしてきた生活の中に大事な意味や価値があることが見えてきます。親子で語りあうことにより、さらにお互いを進歩させることができます。まさに、子供たちの将来を見据えた羅針盤です。

http://isa41.net/