公明党広報局
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2012年 9月

本日(9/25)の本会議で、一般質問に立たせて頂きました。

質問の主意は

1、視覚障がい者施策について

 ①同行援護事業について

 ②視覚障がい者誘導ブロックの適正敷設について

 ③音響付信号機の適正設置について

 ④災害時における要援護者に対するマニュアル作りについて

 ⑤福祉避難所について

2、学校教育環境の向上について

 ①ICT教育(情報通信教育)の導入について

 ②マルチメディアデイジー教科書の活用について

 ③校舎、校庭、体育館の整備について

 ④校庭の芝生化の評価と今後の拡充について

 ⑤大規模改修における非構造部材の耐震化の優先順位について

 

以下、質問に対して理事者の答弁です。(簡略化しています)

問、同行援護事業のサービスの内容の確認と市の指導体制は?

答、開設許認可は大阪府であり、利用に関しては、利用者と事業者との契約締結による。市としては、利用に関する相談には、円滑な利用が図れるように努める。

問、古川橋駅南側の誘導ブロック上の駐輪などの対策について

答、誘導ブロックの敷設位置を再検討するなど対応する。

問、音響付信号機の要望場所の認識について

答、島頭3丁目3番地先の交差点(ライフ南側交差点)と千石東町38番地先の交差点(梅月温泉交差点)と認識している。

問、音響付信号機の設置要望に対しての市の対応は?

答、市に設置要望があった場合は、緊急性、安全性、危険度具合を勘案して、適切に門真警察へ要望する。

問、要援護者マニュアル作りについて

答、全市的に対応することが重要であり、災害時要援護者支援マニュアルの作成が急がれていると認識している。

問、福祉避難所の進捗状況について

答、市特養施設長連絡会と協議中。

問、ICT教育(情報通信教育)の導入について

答、タブレット型パソコンのICT機器の導入については、調査、研究していく。

  ICT支援員などの配置に係る費用や効果を調査、研究していく。

問、マルチメディアデイジー教科書の活用について

答、デイジー教科書の活用を検討し、個に応じた指導を進める。

問、校庭の芝生化の評価と今後の拡充について

答、ケガ防止、外遊びのストレス解消、地域のコミュニティの場として評価

  各団体からの維持管理の調整がつかず、拡充予定は立っていない。

問、体育館の天井ボードの使用状況と照明器具の耐震状況は?

答、全校天井ボードを使用していない。照明器具の耐震状況は、小学校14校中7校、中学校全校自動昇降装置で耐震化機能がある。

問、校舎、体育館の非構造部材の耐震化と改修工事について

答、五月田小学校の大規模改造時に非構造部材をはじめ建物全体の安全対策を講じる。

 

本日、11:00~15:00守口市カナディアンスクエアで「MORI-KADOあきないフェスタ2012」が開催されました。

守口市と門真市で営業している店舗から自慢の料理を出店し、味を競い合います。

投票は、美味しいと思うメニューの投票箱に箸を入れ、グランプリが発表されます。

当日のメニューは、1品100円~500円と大変にリーズナブルで、門真市からは7店舗、守口市からは7店舗、移動販売は1店舗出店していました。

ステージでは、チアダンス(大阪国際大学チアリーディング部)、大道芸(大阪芸術大学大道芸同好会)、ダンス、バトン、等が賑やかに披露していました。

門真、守口の飲食店が少しでも元気に繁盛するきっかけになればと期待しています。

本日は、「敬老の日」。高度成長期を駆け抜け、現在の日本を築いてこられた全ての人に敬意を表したいと思います。

総務省が16日に発表した高齢者の推計人口では(9月15日現在)65歳以上の高齢者は3,074万人(昨年より102万人増)となり、初めて3,000万人を突破。総人口に対する割合も24.1%で過去最高を更新しました。

また、労働力調査によると、2011年に仕事に就いている人は544万人。65歳以上の就業率は、男性27.6%、女性13.1%となっており、特に65~69歳に限ると男性は46.2%、女性は26.9%となっています。産業別にみると、農業と林業が93万人と一番多く、次いで卸売業と小売業が92万人となっています。

日本は、世界でも例を見ない速度で高齢化が進んでおり、年金、介護、医療などの社会保障費は、年間1兆円づつ増えおり、様々な税の抜本的な見直しをしなければいけない時期にきています。そして、1年かけて「国民会議」で議論されますが、増税先行にならないようにすることが重要です。例えば、年金の受給資格の短縮(25年から10年へ)、共済年金と厚生年金の一元化で官民格差をなくし、基礎年金の国庫負担率を1/2に恒久化し、高額療養費制度の見直しなどです。本当に安全で安心して暮らせる社会と、これから日本を支える子どもたちが夢と希望を持てる国づくりが大切です。

9月6日、14:00よりルミエールホールの大ホールで門真市敬老会が盛大に行われました。門真市長のあいさつの後、記念品授与があり、77歳の喜寿を迎えられた代表の方と結婚50周年である金婚式を迎えられたご夫婦の代表の方々に送られました。ちなみに門真市で77歳を迎えられた人は1,277名だそうです。ますますのご活躍をお祈りしています。

                   あいさつをする園部市長