公明党広報局
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2012年 6月

第2回定例会が6月8日から開会されました。

各常任委員会で各議案が審議され。6月19日には、本会議が開催され、各常任委員会の委員長報告の後、一般質問をさせて頂きます。

通告内容は、

1) 高齢者福祉について

①    市民後見制度の導入について

2) 魅力あるまちづくりについて

①    中部まちづくり整備ゾーン西地区、東地区の進捗状況について

②    中部まちづくり整備ゾーン北地区における市街化調整区域の今後のほうこうせいについて

③    交通アクセスとしてのコミュニティバスの活用について

④    北島町における水路の活用について

です。

当日は、午前10時、市役所本館3階の本会議場です。

会議場前で傍聴の受付をしています。

五月田小学校の大規模改修工事が、平成24年度設計、25年~26年度に行われます。

               (五月田小学校)

 公明党として、6月の建設文教常任委員会で取り上げ、「今後学校の校長や教員の意見を十分に聞いていき反映する」と教育委員会が明言しました。

 また、24年度で本市の全ての小学校と中学校の校舎と体育館の耐震化は終了しますが、次の課題として、非構造部材である(窓ガラス、天井材、外壁など)の耐震化の診断を行い、対応するように訴えています

また、3月の一般質問の答弁でも「順序、避難所になる学校施設の大規模改修に伴い、非構造部材の耐震化も取り組んでいく」と明言しています。

 公明党は、老朽した社会資本(道路や橋など)の整備を行い、10年で100兆円を集中投資し、災害に強いまちづくりと景気を刺激し100万人の雇用を目指す、

「防災・減災ニューディール」政策を打ち出しています。

6月10日、市内7ヶ所の小学校校区で自治基本条例の素案説明と小学校区地域会議の設置に向けて説明がありました。

若干、参加者が少ないのが気になりました。

本年1月、熊本市まで自治基本条例の行政視察に行かせて頂きました。

熊本市でも「なかなか、興味と関心を持ってもらえない」と語っていました。

今後、パブリックコメントを通じて、市民の皆さんの声を伺っていくとの事でした。

最後の質疑応答では、「なぜ、自治基本条例が必要なのか」との質問等がありました。

今後とも、しっかりと考えていきたいと思います。

今日は、朝の街頭演説の後、古川橋サンジョゼ公園で口笛体操をやっていましたので、飛び入りで参加させていただきました。

当日は20人ぐらいの人たちが元気に口笛体操を行っていました。

毎朝8:00から一年365日、行っているそうです。

様々なところに伺いボランティアで口笛体操を披露しているそうです。

口笛体操の後、社会貢献の意味も込めて、サンジョゼ公園周辺のゴミ拾いも行っていました。