公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

10月24日(月)午前10時より、市役所別館3階第3会議室で認定第2号
(水道)、認定第1号(総括)の決算特別委員会の審査が行われました。

決算委員ですので、種々質問をさせて頂きました。

水道関係では

 ①過年度損益修正損について

 ②水道設備等維持管理業務委託について

 ③有収水量の有収率について

また、高橋決算副委員長からも水道関係の質問もありました。

平岡委員からは、総括で、

 ◎コミュニティーバスについて

 ◎平成22年度の財政状況について

質問がありました。

 ①では、水道料金の徴収率は、99.87%と大変に高く、滞納しても理由があれば、支払相談もお受けしているとの事でした。

 ②では水道設備や維持管理、修繕業務を委託しており、人件費が大幅に削減でき、24時間サービスも行っており、市民サービスも低下していないとの事でした。

 ③では、有収水量のうち約4.3%水道料金にならないことから、その内容をお聞きしました。その内容として、メーターの不感水量、工事や赤水発生に伴う管の洗浄水量、給水モニター用水、事務所で使用する用水等の局事業用水、その他として消防用水等があるとの事でした。

今回、初めての決算委員会で質問をさせていただき大変に勉強になりました。

様々な要望や提案について今後、検討して頂くことになっています。

 

コメントは受付けていません。