公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

(7月29日、視察する公明党市議団)

 

平成22年3月20日(土)の午後3時、待望の第二京阪道路が全線開通しました。当時「門真市、京都間が20分で結ばれる」などと言われ、大変注目されました。国道1号線の交通渋滞の緩和も期待され、国土交通省浪速国道事務所と西日本高速道路㈱枚方工事事務所によって建設されました。

 建設前から環境問題も十分検討され、騒音測定、交通量調査、大気環境監視測定など行ってきました。

 しかし、開通してからでないとわからないことも出てまいりました。

 特に第二京阪道路の「遮音壁」に太陽光が反射して、大変にまぶしいとのご意見をお伺いしていました。

 具体的には、平成22年10月、沖小学校を皮切りに、各小中学校での授業や北巣本町、北島町、沖町等での日常生活に支障があるとの苦情がありました。

 公明党門真市議団は、この声を受けて石川ひろたか参議院議員、後藤太平府議会議員と連携を取りながら関係事業者にその対策を強く要望し続けた結果、試験的に7月下旬から8月上旬にかけて沖小学校側(高速道路部分)と8月17日より北巣本町(一般道路部分)の遮音壁の反射光を防ぐ工事を行うことになりました。

 これからも、国、府、市のネットワーク力で、皆さんの声をつなげ実現して参ります。

(遮音壁の入れ替え現場)

(反射する遮音壁)

コメントは受付けていません。