公明党広報局
公明党広報
外部リンク
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

実 績

徹底した現場第一主義を貫き、身近な市民のお声を市政に届けます。

皆さんのお声を議会などで訴え実現した実績を中心に掲載しています。

公明党のネットワーク力を最大限に活かし、貴重なご意見ご要望を門真市政、大阪府政、国政へとつなげてまいります。

 

被災者支援システムの導入

平成23年4月に初当選後、初めての6月議会の一般質問で被災者支援システム導入を取り上げました。

被災者支援システムとは、平成7年に発生した阪神・淡路大震災時に被災者を支援するシステムのこと。被災者台帳・被災者証明書の発行。義援金の交付・避難所の管理・仮設住宅の管理のシステムを構築し被災者支援や復旧・復興業務に大きく貢献し、当時西宮職員が開発しました。

平成23年6月議会9月議会の一般質問で取り上げ、平成24年1月に住民情報システム導入後、被災者支援システムも平成24年4月から運用されるようになりました。(平成24年4月)

 

第二京阪道路の遮音壁の反射光対策

沖小学校などの小中学校や沿道の地域住民の方から、遮音壁の反射光がまぶしいとのお声を頂き、石川ひろたか参議院議員、後藤太平府議会議員と連携を取り、反射光を和らげるフィルム貼りの工事をして頂きました。(平成23年8月)

 

点字広報誌の文字数の拡充

平成23年8月に門真市視力支援協会と市の懇談会の折に話題になった点字広報誌の文字数拡充を平成23年9月議会の一般質問で取り上げました。

平成24年4月発行分から昭和57年発行以来、30年ぶりに初めて1,000文字の拡充に至りました。(平成24年4月)

 

古川橋駅南側 視覚障がい者誘導ブロックの移動

古川橋駅南側の視覚障がい者誘導ブロック上に日常的に自転車などが置かれており、早期対応を障がい者団体からお伺いしました。

平成24年9月議会の一般質問で取り上げ、理事者から「誘導ブロック位置を再検討する」と答弁を引き出しました。

それを受け、平成24年12月11日に誘導ブロックの位置が歩道中央よりに移動しました。(平成24年12月)

 

沖郵便局東側、ハス畑横の安全フェンスの設置

地域自治会などから沖小学校、門真第2中学校の通学路になっている沖郵便局東側のハス畑横に安全フェンスを設置してほしいと要望がありました。

担当課と何度も交渉し安全フェンスの設置に至りました。(平成25年5月)

 

通学路のカラー舗装

通学路の安全確保に向け、公明党より歩道の確保、横断歩道の整備、カラー舗装など様々提案してきました。

その中で、沖小学校と門真第2中学校の通学路路である南野口町の一方通行路のカラー舗装が実現しました。(平成25年10月)

 

音響装置つき信号機の設置

音響つき信号機の増設要望を障がい者団体よりお伺いしており、平成24年9月議会の一般質問で取り上げました。理事者の答弁で「各種団体から門真警察へ2ヶ所設置要望をしている。市としても把握しており門真警察に要望していく」と答弁しました。

それを受け、要望があった2ヶ所に音響付信号機の設置に至りました。(平成25年10月)

平成28年12月1日投稿

 

出会い頭の事故防止のため「自転車とまれ」の路面シート貼付

街頭遊説中に自転車と歩行者の出会い頭事故を目撃しました。ご近所の方々に聞き取り調査を行ったところ、頻繁に事故があることが分かりました。早速担当課と交渉し「自転車とまれ」の路面シート貼付に至りました。(平成26年1月)

 

高齢者ふれあいサロン前に公園設置

地域自治会から公園設置の要望を受けており、平成24年12月議会の一般質問で取り上げました。理事者の答弁で「高齢者ふれあいサロン前に公園設置」を明言。高齢者用遊具を設置し公園としてオープンしました。(平成26年5月)

平成27年5月24日投稿

平成27年9月14日投稿

平成29年6月21日投稿

 

障がい者施設への優先調達

平成25年4月より障がい者就労施設などから商品の購入、業務を国・地方自治体に優先的に調達を行うよう求められるようになりました。

平成25年6月議会の一般質問平成26年6月議会の一般質問で取り上げ、事業所との連携や現状と方針調達目標など質問しました。

そして、平成26年度から前年度より物品調達は20万円から50万円に増額し、役務は、前年同様20万円委託する方針だと理事者が答弁しました。

(平成26年4月)

 

 

学校施設の非構造部材の耐震化

大規模災害時に避難所となる学校施設の校舎の非構造部材である窓ガラス、天井材、外壁などの耐震化を①平成23年12月議会、②平成24年9月議会平成25年12月議会で取り上げました。②の理事者の答弁で、五月田小学校の大規模改造時に非構造部材の安全対策を講じると明言。③で五月田小学校の大規模改造、非構造部材の耐震化を質したところ「屋上の防水工事やサッシ、コンクリートの劣化の補修、エレベーターの設置、屋内は、教室やトイレ、廊下などの全面的な改修を行っている。非構造部材の耐震化も配慮して設計や工事を行っている」と明言しました。

(平成24年度実施設計、平成25~26年度大規模改造終了)

 

北島町の水路の活用整備

北島町は、門真市の中でも旧集落の面影を残した情緒ある地域で知られています。その中央部にある水路の活用整備について、平成24年6月議会平成26年6月議会の一般質問で取り上げ提案と質問をしました。②の理事者の答弁で「地元地域のご意見を伺いながら、平成26年度実施設計、平成27年度~29年度に工事を行う」と明言しました。(平成27年度~ )

平成28年2月19日投稿

平成29年12月18日投稿

 

 マルチメディアデイジー教科書の推進

 デイジー教科書とは、パソコン上で文章と読み上げ音声が同時に再生され、読み上げられる部分の色が変わり強調できるもので、読み書きが苦手な児童・生徒に効果が期待されています。特に学習障がいなどの発達障がいや弱視等の視覚障がい、その他の障がいのある児童に大変に効果があるものです。このマルチメティアデイジー教科書について平成24年9月議会平成25年12月議会平成27年6月議会の一般質問で取り上げ大きく前進しました。

 

道路整備が実現(カラー舗装)

旧青少年活動センター(沖町)の移転と高齢者交流サロン敷地内の整備に伴い、道路の拡幅が行われました。この道路は歩道がなく、安全面で整備してほしいと地域自治会から要望を受けており、カラー舗装を行いました

また、北島町9番付近の道路の見通しが悪く急に道幅も狭くなっており、車の対向車が衝突しそうになったり、急ブレーキをかけることが多い区域でした。この場所もカラー舗装とともに道幅が急に狭くなっているのを強調できるようなラインを引いてもらいました

両地域とも通学路にもなっており、今後の安全も見守っていきたいと思います。

(平成273月)

 

日常生活用具にワンセグラジオが追加

平成23年7月にテレビのアナログ放送からデジタル放送に切り替わりました。視覚障がい者の情報源としてFMラジオを通じてテレビ放送を受信し聞くことができましたが、これを機に受信できなくなり情報格差が生じています。

この状況を障がい者団体から改善の要望を聞いており、平成26年9月議会の一般質問で取り上げました。

そして、平成27年4月よりワンセグラジオが日常生活用具として追加され、利用者負担が軽減されました。

(平成27年4月

 

不法投棄問題

門真団地の第一期建て替え工事が終了し、平成27年2月より順次入居が始まりました。

引っ越しに伴い不要な大型ごみなどが発生しましたが、多くの方が有料で処分しました。しかし、他地域などから持ち込まれる不法投棄が後を絶たず、平成27年6月議会で取り上げました。6月25日に府より二回目の処理が始まりました。

不法投棄は犯罪であるという認識と地域住民と指定管理者、府や市の行政、警察などの連携が大変に重要です。

今後の対策として、防犯カメラの設置を要望しました。

(平成27年6月)

平成29年9月21日投稿

 

新地方公会計の推進

門真市の公会計は、水道事業会計以外は、期末一括の総務省方式改訂モデルが使われて、財務書類を作成しています。

この地方公会計について複式簿記を用いた会計処理を行うよう、①平成23年第4回定例会、②平成25年第3回定例会、③平成27年第4回定例会の一般質問で取り上げました。

そして、③の答弁で「平成27年度で固定資産台帳の完成と平成29年度の導入に向け、準備を行う」と明言しました。

(平成27年12月)

 

音響付信号機が設置

11月18日、国道163号線打越交差点の音響付信号機が設置運用されました。

この交差点は、以前より市視力支援協会から音響付信号機の要望が出ており、平成26年9月議会の一般質問で取り上げました。

伊佐衆院議員とも連携を取り、国・府に働きかけ実現にいたりました。

運用当日、支援協会の方にも立ち会っていただき音響付信号機の確認があり、「要望が届き実現して本当にうれしい」とのお声もいただきました。

(平成28年11月)

 

特殊詐欺防止機器の貸与

全国で特殊詐欺が後を絶たず、大阪府や門真市でも同様です。平成28年12月議会の一般質問平成29年3月議会の民生常任委員会で特殊詐欺防止対策を取り上げました。

そして、平成29年3月議会の民生常任委員会での答弁で「特殊詐欺防止機器を5月に4回説明会を行い、6月から府の補助金を活用し50台を貸与する」と明言しました。

(平成29年6月)

平成29年6月21日投稿

 

通学路のカラー舗装(グリーンベルト)

門真第二中学校校門西側の通学路がカラー舗装されました。

平成29年6月議会の文教こども常任委員会の所管質問で、下校時の安全対策指導や見守り体制、危険個所の把握と合わせて第二中学校の通学路の安全対策を質問しました。

市側の答弁で沖小学校の通学路にもなっている第二中学校校門西側の通学路をカラー舗装(グリーンベルト)すると明言し、実現しました。

(平成29年9月)

平成29年9月14日投稿