Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
泉佐野市 辻中隆
souka0503@ybb.ne.jp

Archive for 2018年 5月

本日、5月31日(木)午後~
泉佐野ふるさと町屋館を初めて訪問致しました。
旧新川家住宅で、平成5年に本市指定文化財になりました。
5月31日~6月3日(日)迄の4日間ではありますが、旧佐野・湊出身の日本画(南画)の大家=日根対山=の襖(ふすま)絵を、久々に公開しております。 因みに期間中は、入館無料です。
是非、皆さん、足を運んで見ては如何ですか。

昨日、5月30日(水)午後1時~
東京国際フォーラム ホールA 於いて
第94回全国市議会議長会の定期総会に事務局長と二人で参加致しました。
阿倍晋三内閣総理大臣をはじめ、衆参両院の議長等のそうそうたるご来賓の挨拶の中、総会が進みました。
日帰りのため、強硬日程でしたが、興味深い質疑もあり、勉強になりました。

議長に選出されて、初めて望んだ5月臨時議会が無事、昨日29日(火)に終了しました。
臨時議会開催前に、第19期で選ばれた18名の議員と千代松市長以下特別職の皆様と記念撮影を行いました。
撮影後、常任委員会、特別、特設等々の委員長、副委員長が選ばれました。
来月には、6月定例議会が予定されております。
関係各位のご協力を頂きながら、議長職を全うして参ります。

本日、5月28日(月)午前11時過ぎ
和歌山県の紀の川市議会へ私(辻中)と大和屋副議長、射手矢事務局長の三人で表敬訪問致しました。
紀の川市さんと泉佐野市は、永年、交流があります。この度、議会の正副議長が新たに選出したことについて表敬訪問致しました。
坂本議長さんからは、江戸時代の外科医で世界で初めて全身麻酔を用いて手術をされた紀伊国(和歌山県)出身の「華岡青洲」先生にちなんだ、ピンバッチを頂きました。
今後、更に両市の発展を望みます。
坂本議長、室谷副議長さんをはじめ、事務局の皆様、お世話になりました。

本日、午前中は、党の街頭演説会。午後一番には市民相談訪問。
そして、午後3:30~関西空港会議場
(ホテル日航関西空港内)に於いて
京都大学複合原子力科学研究所発足記念式典に参加致しました。
昭和38年に熊取町に設置されました原子炉実験所が、名所を替えて、原子力科学研究所としてスタートしました。
当初の設置にまつわる経緯を聞くにつれて、本日の発足式が関係各位の様々な思いがあることを認識致しました。
今後、更なる、安心、安全を元に医療、平和利用に活用されることを心から願います。
本日は、公務として議会からは、私(辻中)議長、大和屋副議長が参加致しました。
2次回では、千代松市長と貝塚市議会の田畑議長さんと記念撮影しました。

本日、午前11時過ぎ~
スーパー万代前付近 於いて
公明党大阪府本部所属議員による府下一斉街頭演説会を開催致しました。
撮影者並びに聴衆者は、愛娘一人(笑) テーマは、「働きかた改革」について
今後とも、皆様にマイクを通して、市政について、国政についてをお訴えして参ります。
今後とも、宜しくお願い致します。

本日、5月25日(金)午後6時~
エブノ泉の森ホール 2階、レセプションホールに於いて
(一社)泉佐野シティプロモーション推進協議会の総会・講演会に議会からは、私と大和屋の正副議長が参加致しました。
関西国際空港の玄関都市としての泉佐野市のもつポテンシャル、可能性等をパネリストの皆様の話をお聞きし、大変勉強になりました。

本日、5月24日(木)午前中。
市役所5階、本会議場に於いて
議長・副議長の選挙が行われました。
議長には、私(辻中隆)が第73代議長に就任致しました。
副議長には、大和屋 貴彦さんが第74代副議長に就任致しました。
任期は2年間です。
午後から、議長としての公務の為、第68回“社会を明るくする運動”泉佐野保護区推進委員会に参加致しました。
千代松市長、推進委員長から挨拶がありました。
今後とも、全身全霊で、職務を全うして参りますので、宜しくお願い致します。

今日、3回目のアップになります。
大阪市内の施設に於いて
午後、3時~
(公社)自衛隊家族会大阪府自衛隊家族会総会に参加致しました。
千代松泉佐野市長をはじめ、谷川衆議院議員も来賓で挨拶をされました。
本日の総会は、1部、2部、3部形式となっており、第3部では、公明党の石川参議院議員(元防衛大臣政務官)が参加致しました。
様々な人との出会い、有意義な意見交換会になりました。
今から、帰宅します。

本日、午後、1時~
南海泉佐野駅前ロータリー(山側)に於いて
泉佐野公明党市会議員団としての街頭演説会を開催致しました。
全員当選の御礼と、今後の4年間の市民とのお約束、また、現在の国会の働きかた改革の話などをさせて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。