Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
泉佐野市 辻中隆
souka0503@ybb.ne.jp

Archive for 2012年 1月

1/31(火)

総務産業委員会の視察に参加致しました。

午前中は、泉大津市役所

自主防災組織の作り方について」ほか

午後からは、柏原市役所

自主防災組織の向上について」ほか

今日は、総務産業委員会委員数の9名中8名の議員が参加致しました。

本日、訪問致しました、泉大津市では、自主防災組織は、83町会中、55町会。加入率で66.2%。柏原市の自主防災組織結成状況は、114町会中、98町会。86%との事。因みに泉佐野市に於いては、80町会中、22町会。27.5%の加入率です。 午前、午後の両市の担当者の方々には、大変お世話になりました。 今後の泉佐野市政の自主防災に役立てて参ります。 ありがとうございました。

1/29(日) 11時~14時30分

スターゲートホテル関西エアポート (旧全日空ゲートタワーホテル) 於いて

千代松 大耕(ひろやす) (市長)を育てる会

新春特別講演会及び年賀交歓会に参加致しました。

1部・2部形式の内容でした。

1部では、特別講演会。2部では、年賀交歓会。

写真は、株式会社 いろどり代表取締役 横石 知二 氏が講演している模様です。

葉っぱがお金に換わる! 過疎の町・徳島県上勝町が、どん底の環境から一変! 70代・80代のおばあちゃんたちによって「葉っぱビジネス」で年商2億6千万円を稼ぎ出す注目の町になった。 現在に至るまでのサクセスストリーの内容でした。 いや~面白かったです (^o^)

少し、講演の内容を紹介致します。 魅力のあるところには人は集まる! マイナス思考は、できない理由をみつけて逃げる! プラス思考は、いい流れをよびこむ!

環境の違いをもっと、活かせばいいのだ! 日本がダメになった理由は、高齢者の経験を下(若い人たち)に伝えていないから。

横井氏は、出来ない出口をもっていない!と講演。 また人間力が発揮できる3つの要因について。 ①出番 ②評価 ③自信 この3つを高めることにより人間力が発揮できると!

次に、与えられている環境から自分で考える習慣にすること。

習慣にしていた3つの事柄。 ①気付き ②検証 ③実行

自信を持たせる伝え方については、自分にとっての自信・切り札をもっているかどうか!

やる気については、「人は誰でも主役になれる!」と。

夢の種の植え付ける重要さ。 最後に「頼りにされるといいよな」♪って。 本当に良い講演でした。

2部では、交歓会。地元代議士の長安氏と、議会を代表して、松浪議長が登壇。挨拶。

1/28(土) 午後1時~ 市役所5階 於いて

公開口頭審理の傍聴に参加致しました。

昨年、市の職員の給与カットに関する内容について、組合側から泉佐野市公平委員会に対して措置要求書・意見書等が提出され、本日、公開での口頭審理が開催されました。

審理会場に入れないため、隣の別室にて、スピーカ越しの傍聴になりました。 7人の市の職員から口頭陳述があり、8人目は要求者の代表として昼間 氏が口頭陳述されました。 最後に当局を代表して、千代松 市長が同じく、口頭陳述をして、終了。 今後の審査がどのようになるか、注視して参りたいと思います。

因みに、市議会議員の傍聴は、議長と副議長の私と、他3人の議員の合計5人が傍聴致しました。

 1/28(土) 10時から11時45分

泉佐野市立長坂小学校 体育館 於いて

土曜参観「大空にひびけコンサート」が実施されました。

私も、保護者の立場として、11時からの4年・5年・6年生の部から参加致しました。

写真は、コンサート開始前の風景です。

4年生は、2クラス。 5年生は、3クラス。6年生は、2クラス。(うーん少子化? 少ないと感じるのは、私だけでしょうか?)

各学年のクラスごとに、合唱。最後には、音楽クラブが、AKB48の「ヘビーローテーション」の合奏をしてくれました。

先生、生徒の皆さん、良い合唱・合奏を聞かせて頂き、ありがとうございました。

1/27(金) 正午

市役所、5階公明党会派室 於いて

個人報NO.18号を作成致しました。

写真は、前回同様、私のデスクです。

HP(ホームページ)のレポート(個人報)のコーナーには、既にアップしました。

今日、午後から堺市の中百舌鳥のじばしん南大阪まで、阪南市の貝塚議員と参ります。

RISO科学工業の展示会に参加、カラー印刷をして頂くことになっております。

今回は、党員・支持者をはじめ地域の方には、カラー印刷の個人報を配布予定です。

楽しみにしておいてください。 今回の個人報の表面は、女優の麻生祐未さんが、泉佐野市の初代観光大使に就任された内容になっており、写真も掲載しております。

市役所の商工労働観光課から、麻生事務所に、写真データーを事前に確認の上、了解を得た写真を掲載しております。 関係各位の皆様、ありがとうございました。

                                  1/26(木)午後2時~ 

                                  市役所5階 理事車控室 於いて

平成23年度 第2回 泉佐野市都市計画審議会が開催されました。

議題80号 南部大阪都市計画地区計画(東佐野駅前地区地区計画)の決定について審議、可決されました。

駅への交通アクセスの向上を図るため、駅前ロータリー及び駅前ロータリーに接続する道路の整備が今後、おこなわれることになります。 現在の駐輪場も、移動することになります。 新しく駐輪場には、自転車365台、バイク77台の収容との説明がありました。

また、今後の予定案件の報告もありました。 写真は、現在のJR東佐野駅前の風景であります。

通常国会が、明日から開幕されます

野田首相が、“君子豹変”して消費増税に突き進む社会保障と税の一体改革が大きな争点になると思われます。

また、解散云々の報道がある中、小選挙区と、比例区の定数削減については、早急に制度改革を願うものであります。

本日の、読売新聞の記事に、首都機能の分散論について掲載されており、改めて考えさせられました。

国の機能の分散で消極派の典型的な説明の中で、「天皇の国事行為を考えれば、国会を東京から動かせない。国会が動かない以上、省庁も動けない」。また、「電話やメールで済む話を国会議員が官僚を呼びつけて説明させている間は、国会と役所を離せない」と。 皆さんは、どう思いますか? 写真は4年前に、市議会で国への要望活動に訪問した折りに写した国会議事堂です。

議会のない時は、議員は何をしているの?

皆さん、疑問を感じたこと、ありませんか?

私も、今までに、直接、聞かれたことがあります。

1年間を通じて、3,6,9,12月は、それぞれ定例議会が開催されます。3月は、予算特別委員会、9月には決算特別委員会が同月におこなわれます。

他、5月には、臨時議会が開催され、議会の役員選挙がおこなわれます。

その他、緊急性のある事案がある際には、臨時議会が開催されます。

また、常任委員会の視察や、各種委員会の管内視察や議員研修会等も、議会のない月におこなわれることが常です。

ところで、議会がない時は、殆ど、顔をださない議員も実際、います。

現在、副議長と言う役職を頂いているので、よほどのことがない限り、毎日、市役所に参ります。

種々の書類に目を通したり、報告等々を受けたり致します。

話は替わりますが。 先月には市民の方からの行財政改革に対する提案や、その他、市政に関する提言を頂き、ブログを通じて、ご紹介させていただきます。

① 庁舎にコインロッカー設置の要望 ② 期限切れのポスターの撤去の件 ③ ゴミ袋の30ℓの作成の要望 がありました。

いずれも、内容公開が可になっております。 今年から、議長・副議長には、どのような趣旨の内容かを報告が上がるようになりました。 今まで、上がってこなかったのが事実でした。(う-ん) 今後、現場の声に対して、より真摯に耳を傾けてまいります。 

1/18(水) 午前10時~議員協議会室 於

幹事長会を開催。 種々協議致しました。

1、議員報酬について

2、議員の発信力の強化について

3、議員研修会について ①議会基本条例の研修会及び議会基本条例プロジェクトチーム説明会について ②財政問題研修会について

4、議会の行政評価の総括と今後の取り組み方について

5、その他 常任委員会の行政視察については、今後どのようにするべきか?

因みに、現在泉佐野市の幹事長会の構成は6会派で構成されております。 公明党、共産党、維新21、共生会、泉新の会、正道の会。 私や私が所属する公明党の議員報酬の考え方については、以前ブログに書き込みした通りです。 

1/17(火) 朝、6時40分~7時40分頃まで

JR 東佐野駅改札前にて、個人報NO.17号駅頭配を致しました。

今日は、阪神・淡路大震災から17年目になります。

朝の5:46分には、17年前を思い返しました。

17年前の、震災の夜、青年部時代、50CCのバイクで荷物も積めるだけ積んで、西宮市まで走りました。

帰宅が、日付が代わり、1/18の朝方の4時頃。体の芯から冷えて、お風呂にはいり、就寝したのを今も鮮明に覚えております。

また、昨年は、東日本大震災があり、胸が痛みます。 話は替わりますが、今日は、泉佐野市の隣の熊取町の町長選挙の告示日です。 無投票になるのか?どうか。。。

今日、JR東佐野駅での駅頭配布に際し、通勤・通学の皆さん、並びに駅員さん、通行人の皆様、大変ありがとうございました。