バックナンバー 2012年 1月 9日

 年が明け、福島県にとって「復興の元年」を迎えました。放射能の除染やインフラの復旧と復興が本格化します。また、今年の通常国会には、福島県の復興に向けて「特別法」の制定も予定されるなど、県民の声に耳を傾け、その声を実現させるために重要な年となります。

 しかし、一方で八場ダムの建設再開や「少なくても県外移設」と公言したことをことごとく覆し、「4年間消費税の増税はしない」と約束したハズの公約を無視して強行に増税路線にひた走る民主党政権に国民から「いいかげんにしろ!」という声が聞こえてきます。

 政治家として、よく恥ずかしくなくこうしたことが出来るものだと感心する毎日です。おかげで、政治に対する不信感も高まり、選挙の投票率が全国ほとんどの地域で下がっています。

 先日、雑誌に「政争の具にされてきた年金の現状」と題して慶応義塾大学の権丈善一教授の記事が掲載されていました。民主党の「新しい年金制度」は絵空事であり実現できないと断じています。

 そういえば、民主党がマニュフェストに掲げた「年金制度」の原案は来年(2013年)その内容を明らかにするということです。あれほど3年前の衆議院総選挙の際に、マスコミの注目を浴びた民主党の年金制度の原案が社会保障と税の一体改革を叫んでいる今になっても表に出てこないのは、いや、出せないのは何故なのでしょう?ひょっとすると、また、何か驚かされる「マニフェスト違反」(公約反故)があるのかな?

Twitter
ブログバックナンバー
カレンダー
2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログパーツ
サイト管理者
いわき市 安部泰男
wa4tr8@bma.biglobe.ne.jp