バックナンバー 2010年 9月

子どもの頃、父母から何度も「他人様に迷惑をかけるような人になってはいけない」といわれました。

いまになって考えれば、「責任を持った振る舞いをしなさい」ということなのでしょう。

最近、車を運転していると、車中から火のついたタバコや吸い殻を投げ捨てるドライバーをよく見かけるようになりました。

また、タバコの煙、いわゆる受動喫煙による健康被害への関心が高まっている中で、公共空間の場で平気でタバコを喫煙する人を見ると、公共の場はみんなのものという意識(公共心)が低くなっているように感じます。

ところで、いわき市議会棟正面玄関のホールには、現在、タバコの煙を浄化するための空気清浄機が設置され、喫煙が許されています。

しかし、厚生労働省が警告を発している通り、この手の空気清浄機は、人体に影響を与えるタバコの有害物質の除去ができず、まったく無意味であると指摘されています。

今回、平成22年9月市議会定例会の一般質問で、市役所の完全禁煙化について触れましたが、管理者である市役所の反応には、前向きな姿勢は感じられませんでした。

いわき市役所の庁舎は、不特定多数の市民が使用する公共空間です。

その管理者であるいわき市役所は、市民の健康増進のために責任ある行動をとるべきだと思います。

自分のプライベートな空間なら、何も問題ではありませんが、『公共』の場ですから当然、その管理者には、責任が問われます。

Twitter
ブログバックナンバー
カレンダー
2010年9月
    10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログパーツ
サイト管理者
いわき市 安部泰男
wa4tr8@bma.biglobe.ne.jp