menu
バックナンバー 2014年 7月

炎天下の下、プール施設建設地において待望の起工式が行われました。完成は2年後となり、50と25メートルプールが併設、多くの利用者が見込め、東京オリンピック・パラリンピックでの水泳の合宿誘致にも希望が持てます。今まで尽力された地元の磯部町地権者、関係者に感謝、無事故の完成を念願いたします。

テーマ「エネルギー基本計画について」講師は経済産業省大臣官房審議官の吉野恭二氏をお招きし最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要について講演、エネルギー基本計画は、エネルギー需給に関して総合的講ずべき施策等について、関係行政機関の長や総合資源エネルギー調査会の意見を聴いて、経済産業大臣が案を策定し、閣議決定するもので三年ごとに見直し、今年4月に閣議決定したのは第四次です。我が国のエネルギー政策は大規模な調整を求められております。

今年は県総合スポーツセンターで初めてとなる慰霊式が2700名の参列、これまでは野田山の戦没者慰霊塔の前で執り行われ、屋外で炎天下のため県内各地の参列者は高齢の人が多く心配でありましたが改善、今日の繁栄の陰には戦争で尊い命を落とされた方々がいることを忘れてはいけない、そして一人も戦争の犠牲者を出してはいけない。

金沢開業まで8カ月、県議会で視察をしました。駅構内の工事壁のドアを開くとそこには新幹線改札口があり富山、東京方面の案内、中2階待合室とホーム待合室など内装の随所に石川が誇る伝統的工芸品30品目236作品が展示商会されておりました。

平成27年度国家予算編成に係る県重点事業・政策提案について知事並びに各部局長による説明がありました。
基本方針
①重点事業として東日本大震災などを踏まえた、災害に強い強靭な国土づくりが求められている中、東海道新幹線の代替補完機能を有する北陸新幹線のフル規格による早期全線整備を強く要望することに加え、金沢開業効果を持続・発展させ、人やモノの交流を一層盛んにしていくため、道路、港湾などの交流基盤や農業基盤の整備等に必要な社会資本整備予算の確保を要望。40項目。
②政策提案として少子・高齢社会への対応、環境保全の推進、さらには、農林水産業を含めた産業競争力の強化、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催効果の地方への波及効果等政策提案。60項目。

公明党石川県本部女性局の主催で夜回り先生、水谷修氏の「明日(あした)、笑顔になあれ」の講演会を中能登町、小松市の2会場で2日間にわたり開催、入口ロビーでは東日本大震災の報道写真「人間の復興へ」も同時に展示しました。多くの皆様にお越しいただき感謝申し上げます。
私たち大人には、すべての子どもたちを笑顔にする義務があり、その為にできることを考える場となりました。

県地場産センターで盛大に開催されました。金沢開業まで8カ月を切りました、県民の50年来の悲願でもあります、盤石な準備、受け入れ体制が着々と進んでおります。敦賀開業までの工期を3年短縮と大阪までのフル規格を目指しております。

 犀川左岸浄化センターのメタンガス発電を視察、平成22年度よりメタンガス発電機10基で運転開始し、現在12基で運転、約8億の整備費で平成25年7月から北陸電力に売電を開始し1年、年間約9千万円、設備の寿命は18年ぐらいであります、県としてもこのような計画を推進していきます。
次に金沢美川小松線、白山市徳光町~小川町間の4車線化事業の大川橋架替え工事を視察、提案型工法のイージーラーメン橋により10~20%の工事費を削減できます。
最後にかが森林組合那谷工場、南加賀木材協同組合で連携し、県産材の集出荷から乾燥などの品質管理までを一貫して取り組む、加賀地区最大の木材加工流通拠点であり、地域ぐるみの森林管理を基本とし間伐事業推進の原動力ともなっておりました。

認知症フオ-ラムが金沢市文化ホ-ルで開催、認知症800万人時代、問題対策として県立高松病院の先進的な取り組みの専門医療と介護の連携などパネルディスカッション、関心の高い問題であり、超満員です!

公明党石川県本部のlT研修に参加しました!

Twitter
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
石川県 谷内律夫
yachi.ritsuo@ezweb.ne.jp