Twitter
外部リンク
サイト管理者
印西市 浅沼美弥子
asanuma@inzai-komei.net

毎日体重測定をしてみたら!!

は一昨年、体重計に毎日乗ることによって5キロの減量に成功した。(電池切れを故障と思い込み体重計に乗らなくなって半分ほど戻ってしまったが。)

毎朝起床後トイレにおいてある体重計に乗る。毎日の体重の変化をみるうちに、1日の食事・睡眠・活動量などによって体重が変化する様子がよくわかるようになった。私が一番驚いた発見が、よく睡眠をとるほうが夜寝る前と翌朝の体重差が大きいという事だった。

体重を図るだけと言いながら、食べ過ぎないようにしようとか、エレベーターではなく階段を上ろうとか、自然に健康への意識が高くなってくることは、自分の体験から実証できていた。

 

んな経験から、蒲郡市の体重測定事業が目にとまった。どのように市の事業として実施し、どのような結果が得られたのか、期待を持って文教福祉常任委員会の視察事項に提案していた。

そして、委員会視察で取り上げることになり10月18日、5人の委員で(2名は欠席)愛知県蒲郡市に行政視察を行った。

 

て、市には様々な計画が策定されているが、印西市の場合業務を専門業者に委託して計画を作ってもらう事が通常だ。

しかし、蒲郡市では、職員が全庁的に一丸となって、収集した健康データや分析結果を基に、市の健康課題の解決策を協議し「健康蒲郡21第2次計画」を手作りで作成した。

また、全庁管理職を対象に職員向けの健康づくり研修会を実施。職員27名でPTを立ち上げた。PTは5つのグループ別に活動。

その中の1グループでは、体重測定100日間に挑戦することで自己の健康・体重管理を促す事業を企画。これが、平成26年度厚生労働省地域健康増進促進事業の補助採択を受けることができ、

「体重測定100日チャレンジ!めざせ1万人」事業を実施。平成27年度国の「健康寿命を延ばそうアワード賞」を受賞する結果となった。

 

郡市の「体重測定100日チャレンジ!めざせ1万人」事業における体重測定は、平成26年10月1日から平成27年1月8日の100日間で行なった。

参加したのは5886人。(その内ウェブでの参加3052人、手書きの記録表での参加2834人。)

個人での参加の方が多かったようだが、団体の参加を挙げてみると、民間企業・病院・公共団体が21に上る。市役所の52課。市役所関連団体が8参加している。

 

100日間データのあった3240例を分析した結果は以下の通り。

 ①BMIを 18.5未満(やせ) 18.5以上~25未満(標準) 25以上(肥満) の3段階に分けて変化を見る。 

 ②1か月ごとのBMIの変化を見る。

    この結果、肥満、やせが減少し、適正体重の者が増加

 ③性・年齢別のBMIの変化をみる。

  男性は40~64歳にBMIの高い人が多い。女性の40歳未満にやせが多いが最終的にはBMIが上昇し改善

 ④アンケート調査結果

 参加前後で比較すると、「健康を意識するようになる」と答えた人が89%。「これからも体重を図りたい」と回答した人が90%に上るなど健康への意識の向上が図れた

 ⑤参加の動機について性別年代別に比較した結果、若い男性は職場からの働きかけにより参加した人が多かった

 さて財源関係を聞いてみたが国の事業に採択されたことにより26年度の費用は全額国費で賄えたという。総額1894万7千円。

 この年度はチャレンジ賞を始め各賞を授与するなど財源を気にせず盛り上げていくことができた。

 次年度以降の財源確保が課題である。しかし今回行ったことで健康意識を向上させることができ体重を図り続けたいとする人が3千人以上に上ること自体が大きなメリットであった。

 

西市においても体重測定による健康意識向上効果をもっと内外にアピールしていけないかと思っている。

 

病気にならない体づくりは、個人にとっても幸せに生きていくために大事だ。市にとっても医療費削減にも効果があるはずである。

印西市の医療費の伸びは、平成24年度約49.5億円から平成27年度約56.6億円と3年間で7.1億円と大きく増加している。

疾患別にみると糖尿病や高血圧症といった生活習慣病が上位を占めているのが実態。

糖尿病の割合は医療費の10.6%となっている。

残念ながら検診受診率は県の平均37.4%より低い33.5%である。特に64歳以下で受診率が低くなっており、

若い時からの健康に対する意識向上と病気にならない体づくりのための生活習慣をもっと向上させていくことが重要だと思う。

 

れる前の生活習慣改善!まずは簡単にできる毎日の体重測定から始めてみませんか。(自戒をこめて)

※視察の直前に、体重計の電池を入れ替えたところ我が家の体重計が復活した。体重を図ると同時に、脂肪率が体全体の平均の他、腕、足、体と3か所別に測定されるという優れものだ。

実は、視察から帰宅後未だ体重計に乗れていない。でも明日朝からまた体重測定を始めることを宣言いたします。今日はバリバリ食べたいもの食べておこうっと。

コメントは受付けていません。